SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

エギ (タコ用)

 エギ (タコ用)                       
このコーナーは管理人の独断と偏見だけで勝手に作った個人的なインプレコーナーです。
そのため、このインプレに係る異論・反論・苦情等は一切受け付けませんので予めご了承下さい。

タコやん  タコやん               
DUEL

 良い点  タコ専用では希少な2.5号がある
 悪い点  ラトル入り以外売ってない
ラインナップ : 2.5~3.5号
実売価格 : 700円前後




タコエギングというジャンルにおいて一世を風靡した感のあるタコエギ。本当に完成度が高いと
思う。
ボディーは高浮力の中空構造になっており、着底しても宙に浮いている→これをズル引く
シンカーが障害物に当たる度にプルッとボディーが動きタコにアピールする。つまり変にアク
ション付けなくてもエギが勝手に動いてくれる→勝手に釣れてくれる的なエギ。
使えば使うほ
どタコ釣りの面白さを教えてくれる非常に優秀なエギだと思う。ただ、釣れる釣れ
ないは別問題。ノンラトルタイプがあるといいんじゃないかと思います。


独断総合評価 
★★★★ 80 点 


takoegi  タコもエギ好きやねん       
ヤマリア

 良い点  検証中
 悪い点  検証中
ラインナップ : ***号
実売価格 : 800円前後




現在未使用の状態のためインプレありません。今しばらくお待ち下さいm(_ _)m

独断総合評価 
 ** 点  


タコエンジェル  タコエンジェル           
エムオン

 良い点  安価なわりに作りが丁寧
 悪い点  フックが全く刺さらない・・・
ラインナップ : 3~3.5号
実売価格 : 400円前後




タコ釣りは根掛かりとの勝負。高価なエギがわずか1投で終了となることも度々なので、こうい
った時の保険的要素で持っておきたいデフレエギ。・・・と、保険的な意味で持っておいたこの
エギ、使ってみるとびっくり仰天の釣れ釣れエギでした!もうタコ釣りはこれ1本でいいレベルw

30gの重量で飛距離抜群。すぐに底が取れて手返しもよく、しかも根掛かりに強い!皿形の
シンカー
がちょうど目の下あたりについているので底の状況も手に取るように分かります。
もうデフレエギどころか完全に1軍のこのエギ、難点はフックが全く刺さる気ゼロなので使用前
には必ず砥がないといけません・・・。

独断総合評価 
★★ 90 点  


blank  タコジグ               
DUEL

 良い点  手頃な価格とサイズが◎
 悪い点  特に見あたらない
ラインナップ : M/Lサイズ
実売価格 : 300円前後




このタコジグっていうのは、基本ただ落としてゆらゆらさせるだけだから評価のしようが難しいやね。
何でも同じ気ももするし、違いがあるような気もするし。。でもズバリ言っちゃうと多分どれも一緒だと
思う。
安けりゃもうそれでいいよw
ただ、このDUELの
タコジグはMサイズのラインナップがあるし、色も豊富で作りも丁寧だし、かとい
って特段高価でも
ないからジグは気持ちの問題でこれ使ってます。

独断総合評価 
★★ 80 点  

 

エギ(イカ用)

 エギ (イカ用)                       
このコーナーは管理人の独断と偏見だけで勝手に作った個人的なインプレコーナーです。
そのため、このインプレに係る異論・反論・苦情等は一切受け付けませんので予めご了承下さい。

エギ王Q  エギ王Qシリーズ          
ヤマリア

 良い点  程良いしゃくり抵抗
 悪い点  意味不明の「温チャージ」
ラインナップ : 2~3.5号
実売価格 : 700円前後




僕のアオリ釣りでメイン使用のエギがこれ。アオリーQ(DUEL)との比較が分かりやすいと思う
ので
対比して特徴を書くと、まず両者の1番大きな違いは「しゃくっている時の抵抗感」。
エギ王Qはしゃくったときに腕元にグッとくる引き抵抗を感じられるが、アオリーQはこの抵抗
が少なくその分飛ぶようなダートを演出。

よって、あまりキレのあるダートは苦手とするも僕のように1段しゃくりで程良いアクションをメイ
に釣るスタイルならこちらかなと思う。

あと、温チャージは全く意味無し。自信をもって断言する。

独断総合評価 
★★★★ 90 点 


blank  アオリーQシリーズ         
DUEL

 良い点  キレのあるダートアクション
 悪い点  浮き上がりが大きく手返しが悪い
ラインナップ : 1.6~3.5号
実売価格 : 800円前後




先のエギ王Qとの比較の通り、キレのあるダートなら断然こちら。しゃくり抵抗も少ないのでガ
ガンしゃくってアピールするようならアオリー
Qの方が疲れないし綺麗なダートが得られる。
ただ近年のエギングブームでイカ達もこのビシバシしゃくりに対してはスレ気味な気がするの
僕だけ??
価格や飛距離、沈下姿勢・速度等は両者ともあまり違いはありません。
どちらも似たような
価格だし、自分のアクションの付け方で選んでみたらいいと思う。

独断総合評価 
★★★★ 80 点  


ナオリー  ナオリーレンジハンター      
ヤマリア

 良い点  豊富なカラーラインナップ
 悪い点  夜光ボディーばかり
ラインナップ : 1.5~2.2号
実売価格 : 700円前後




ヒイカやケンサキ等の小型ツツイカ類専用に開発された極小サイズのエギ。よく釣れます。
DUELからは「アオリーQ・RS」シリーズに1.6号からラインナップがあるが、結論から言うと
アオ
リーQに軍配かと思う。
両者比較では、まずこの
シリーズは夜光カラーばかりで選びようがない。夜光以外だとケイムラ
かナチュラル系しかない。せめて
ピンク・オレンジの夜光無しは欲しいところ。
あと、しゃくった時にアオリーQはピョンと跳ねるように素直に上がってくるけど、こちらはのっぺり
浮いてくる感じ。この手の釣りは優しく煽るようにしゃくるので、ちょっとの動作で素直な動きを
るアオリーの方がおすすめ。

独断総合評価 
★★ 40 点  


EZ-Q  EZ-Qキャスト           
DUEL

 良い点  パタパタフットで釣ってみたくなる心
 悪い点  そのパタパタフットが・・・
ラインナップ : 3~3.5号
実売価格 : 1100円前後




最大の特徴はエギ下面についた足「パタパタフット」。これがフォール時やタダ巻き時でも水流を
受けて微振動しイカにアピールするって
理屈らしい。・・・が、そのフットのせいでしゃくりは重いし
しかも全然ダートしない。
イメージとしては海中をただただ上下してるだけって感じ。
まあその動きがハマるパターン
もあるんだろうけど今のところ全くです。おまけにフットの風抵抗で
飛距離も伸びず・・・。
でもこういったキワモノは嫌いじゃないんだよね~。
いつかはこれで釣ってみたいと思いながら
使い続けてるだけに釣れたときの感激度は凄いだろうと
思う感無量系エギですw


独断総合評価 
★★ 40 点  


エメラルダス  エメラルダス ラトル       
ダイワ

 良い点  ラトル入りで釣ってみたくなる心
 悪い点  そのラトルが・・・
ラインナップ : 1.8号
実売価格 : 800円前後




こちらも最大の特徴であり最大の難点でもあるこの「ラトル入り」ってのが売りのエギです。
結論から言うとラトルは全然ダメ。釣れる釣れないうんぬんよりも、ラトルのせいでせっかく居
たイカまで散ってしまう始末。とにかく驚くほど安定して釣れない。
他のエギで調子よく釣れてるときにどうしてもラトルで釣ってみたいがために投入→もちろん釣
れない→そこにいたイカまで散る→全く釣れなくなる。というパターンがこのエギの定番。
もう1回言います。ラトルは絶対「ダメ」です。

独断総合評価 
 20 点

 
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです








過去の記事
ブログ内検索
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ