SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

【淀川・琵琶湖・野池】ブラックバス釣果報告をまとめてドン!

しかし淀川の大減水っぷりは酷いね・・・。
今年はどうやら なんとか大橋の橋脚工事のために、意図的に淀川の水位を下げている模様。
おかげで、本流はまだしも「ワンド」なんて呼ばれるところはほとんど水がないような状態で、岸際なんか長靴で入水できちゃうレベルだもんね

スポーニングこそ一段落といった感じの淀川だけど、
まだまだこの時期アツいのは「ワンド」。
それがこんな状況なもんで、今年はこの時期の「釣れるフィールド感」が少し変わった印象。
例年ならデカいのがいる場所に子バスばっか入ってたり、生えそろってるはずのウイードが全然育っていなかったりと、バスのポジションというか居付き場所がうまくつかめない。

そんな大減水中の淀川をはじめ、琵琶湖やら淡路野池やら、はたまたシーバス狙いで大阪湾にもガンガンカチこんでるんで、今日はその辺のご報告を一気にまとめてドン!とご紹介しようと思います

果たしてこの未曾有の大減水を、我がSBPはうまく攻略できるのか?
まずはみんな大好き「ブラックバス」の釣果を時系列でどうぞ


4月23日 淀川某ワンド(本流側)


さて、淀川一発目は約1ヶ月ほど前の釣果から。
釣り人はご存知バス基地「油谷氏」なんだけどね、先に写真を見て頂きたい ↓

0423淀川
いきなり50あるなしとかwww
これ、僕たちが毎年この時期に足繁く通っている某ワンドの「本流側」で出たナイスバスなんだけど、今回は朝方の釣果ですね
4月23日ってことは日曜日。
ハイプレッシャーな休日の淀川でこのサイズが出れば立派も立派
ちなみにHITリグはジャッカルの「リズムウェーブ」。
こいつを大減水の淀川本流にぶち込んでグリグリ巻いての釣果です


4月28日 淀川某ワンド

続いては僕の釣果をご報告
行ってきたのは、油谷がデカいの釣った5日後の某ワンドで、本流側ではなく「ワンド内」。
例年この時期ならワンド内が激アツだもんね
で、こちらの釣果やいかにというと ↓

0428-1淀川
デカバス一閃 
またしても淀川モンスター降臨www

いや~どうですかこれ? まじで今期の俺、絶好調
しかしここ最近SBPのメンバーが、40だの50だのってバスばっかボコボコ釣ってるから、こんなサイズが出てもそこまで驚かなくなった自分が怖い(笑)

0428-2淀川
お口だってこんなんでっせ!? 完全フィストファック
肝心のサイズはというと・・・ ↓

0428-3淀川
まーた出ちゃったよ50アップwww
ズバッと55を伺うほどのモンスターご光臨
陸っぱりでこんなん釣れるんだもんね。淀川のポテンシャルや恐るべし

ちなみにHITリグはというと、なんとびっくり「サワムラバレット」。
大減水の淀川で、水深なんてせいぜい30cmほどしかないのにサワムラバレットですよ(笑)
br
出典 http://www.karil.co.jp/sawamura/
これがその「バレット」。見た感じセンコーに近い。
なぜこんな水深のないところで、こんなセンコーのようなリグを使ったのか?なんて話はまた後日
まだまだ釣果報告がたくさん残ってるんで次にいきまっせ!


5月12日 淀川某ワンド

減水なんて関係ないとばかりに、ここ最近絶好調な淀川某ワンド。
しかしながら5月に入ってからというもの、さらに水位が下がるという恐ろしい事態に発展・・・
もうね、ワンド内に水がないの。
そんな中、まだまだ釣ってみせるのが我がSBPと言わんばかりに ↓

0512-1淀川
また釣れたしwwwしかも開始2投目だしwww
その上注目すべきはHITリグ。まさかのプラグだし(笑)
釣ったのは「会長」。
この人相変わらず何も考えずに「使いたいものを投げる」という野生系アングラーだもんで、激プレッシャーのワンド内でもいきなりこんなん投げるわけ
ちなみにこれ「セイラミノー」です。
このセイラミノー、シーバスやってなかったら買うこともなかったであろういわゆる「シンキングペンシル」系ルアーだけど、これまたシーバス同様びっくりするほどよく釣れる。
一度は使ってみる価値アリでっせ^^

そしてこの日の2本目は、なんと久々登場「チャーリー」が驚きの1本 ↓

0512-2淀川
ウシガエルwww 余裕の40アップwww
久しぶりにこの人連れてきたらこれですよ(笑)
スレ掛かってるし、フック外そうとするとゲコゲコ言いながら歩いて水に帰ろうとするしでどうしていいか分からない
その上このデカさだから怖くてもうねw
大人2人でひーひー言いながらリリースですよ
いつもそうなんだけど、こういうデカい外道が釣れるとその日はもう終わり。以後一切反応も無く、これにてフィニッシュです


5月17日 淀川某ワンド

もうだめ。完全に水が無い...orz
ここまでの減水は過去経験したことがないレベルまで水位が下がってる
もうね、ワンドを繋ぐ水路なんか干上がっちゃってて長靴で横断できるなんて信じられる??
これではワンドと本流間の魚の出入りなんかできるわけないし、そうなると物理的にワンド内に魚が入って来ることも出来ない。
今期の淀川ワンド、完全に終わった
例年だったら「今でしょ!」なんて時期にこれですよ・・・(トホホ

今年はもう淀川のワンドというワンド(シャロー系)は全部絶望だろうね。
早いとこ頭を切り換えて、今後のバスのポジションってのを考えていかないと、ここから先はどうにもならないかと思います。
とはいっても、来てしまったものは仕方ないということで、残念すぎる淀川某ワンドにて釣行スタート。

パッと見た感じ雰囲気はそこまでわるくないんだけどね
コイが水面から背中出して泳いでるのを見るともうね・・・(絶望)
そんな状況の中、水深20cmあるなしってポイントでまさかの一閃 ↓

0517-1淀川
チャーリー氏、釣ってますやんwww
いやいや、この状況で釣るとか頭おかしい(笑)
サイズこそそこまでだけど、ここで釣れたのは素直に驚き さすがは我がSBP、いつどこであっても必ず釣るから凄い
それに続くかのごとく、バス基地油谷氏がズドン!と50アップ ↓

0517-2淀川
ってズーナマ様ですやんwww
ちなみにこのズーナマが写ってる場所だって、いつもなら水面下にあるとこだからね。
いかに水が少ないか分かってもらえるかと思う
HITリグはまたしても得意の「リズムウェーブ」。
ただ、この減水下でこんな派手な動きのワーム食ってくるってことは、もしかしたらワンド内の魚たちは「食」に飢えてるのかもしれんね。

だからといってチャンスというわけもなく、この日も外道が釣れたため以後ノーバイトにて無事終了~
お気づきの方もいるかと思うけど、僕に関してはここ3回連続坊主だもんね
ただ次こそは釣る自信がある(強気)
4連坊主を阻止するべく、色々と考えに考えた結果、今の淀川攻略パターンってのがなんとなく分かったので次回はキッチリと釣ってみせます(ニヤリ

これにてここ最近の淀川釣果報告は終了~
約1ヶ月半ほどの流れをご覧頂きましたが、ポイントは「大減水」。
今後もこの減水は続くとのことなので、ここをどう攻略するかが今後のキモかと思います

続いては、ここ最近の琵琶湖の様子をどうぞ


4月22日 琵琶湖(名鉄・ボート)

さてさて、いきなりだけど場所は変わって今期の琵琶湖はというと ↓

0422-1琵琶湖
ほらね、また出た50アップwww
もはや今年のSBPは無敵ですよ 
まあここは琵琶湖なんでね、このサイズを釣るのはそこまで難しくはないにしろ、これが1本出て終わればまあよくやったといったところでしょ?
で、その後もこうだもん。↓

0422-2琵琶湖
まーたデカいの釣ってるしwww
釣ったのはアラーキー氏で、この日は僕らと別のメンバーで行ってたので詳しいことは分からないにしろ2本もこんなん出れば上々
ちなみに爆風も爆風の中での釣行だったとか
この時期の琵琶湖ってのはこの「爆風」が困りもの。
そんな釣りにくい中、同船してる方もしっかりと ↓

0422-3琵琶湖
お名前は存じませんが笑顔がとっても素敵なナイスガイな方
お二人とも荒れ狂う琵琶湖でよくがんばりました
HITリグとか聞いてないんだけど、アラーキーといえば鬼の巻物派なんで恐らくスコーン。
風も強いし、春の琵琶湖だしってことで、終日巻きまくったんじゃないかと推測。
多分100%当たってるはず(笑)

さて、ここまではボート釣りの様子ですが、琵琶湖陸っぱりの方もご報告しますね ↓


5月25日 琵琶湖(南湖・東岸)

5/25っていったらつい最近なんで、超フレッシュな琵琶湖情報ですね
行ってきたのはご存知 油谷氏。しかも単独釣行w
平日だというのに有休とって琵琶湖へ一人でぶっこむのがこの方。
もうね、心底バスが釣りたくて我慢できないらしい(笑)

そんなバス基地油谷君ですが、こちらも写真から見てもらいましょうかね

0525-1琵琶湖
はいw いきなりいいサイズがズドン!
アフターを象徴するかのような魚体の1発目は40アップ
写真を見てお気づきの方も多いと思いますが、これ「夜釣り」ですね。
「夜釣りの陸っぱり」ですよw

有休とって琵琶湖まで行くのに、なぜボートにも乗れない夜釣りなのか?
それは「次の日(=有休当日)まで待てなかったから」(笑)
油谷君くらいになると本物のバス基地なんでね、僕らもちょっとその勢いについていけない(汗)
でもこんな立派なバスが釣れるのであれば、行った甲斐もあったってもんです
なんて言ってるうちに速攻2本目をドンッ! ↓

0525-2琵琶湖
さらにサイズアップwww
いかにも琵琶湖のバスらしい丸々と太ったこちらの魚体は45クラス
40→45とくれば、期待しちゃうのが「50」って数字
さてさて、次なる3本目やいかに!? ↓

0525-3琵琶湖
なんで50超えて「55」なんだよwww
40→45→55 って、ゴーマル飛ばして「55」釣っちゃうとか
どうですかこの勢い今年のSBPは完全に覚醒してる。
50アップもこれで今期何本目か?ってくらいボコボコ出てるし、40アップなんかどんだけ釣ったか分からない感じだもんね
それどころか40以下がほとんど釣れてないのもまた凄いw

勢いついでに5月初旬、これまた油谷氏が行ってきた野池の釣果も合わせてご紹介 ↓


5月6日 淡路島野池

5/6といえばGWってことですかね? しかもGW最終って頃。
そんな時期ともなると、野池のバス釣りなんか叩かれるだけ叩かれちゃって期待薄なはずなんだけど、果たしてどんな結果となったのか?

まずは期待の1本目から ↓

0506-1淡路
出たよ50あるなしwww
野池でこんなん釣れるなんて大阪では夢のようだけど、さすがは野池の聖地「淡路」といったところ。
続けざまに出たバスもこの貫禄 ↓

淡路
45超えのナイスバス
ここまでくると今期のSBPがいかに覚醒してるか分かってもらえるのではないかと思います
それにしても油谷君、琵琶湖に淡路と実にお見事でした

・・・と、ここまでがここ最近のブラックバス釣果なんだけど、忘れてはならない
「海水の部(=シーバス)」だって
実はしっかりと行ってきてます。

これがまた海水の方もポンポンと釣りまくっちゃってるんで、そちらはまた次の機会にでもまとめてご報告しますね

さて、今年のSBPは夏までにちょっとしたイベントが3つあります。
そのうちの1つである「〇〇釣り」(←初挑戦!)のシーズンがいよいよ近づいてきましたので、こちらの様子も近くお伝えできるかなと思います。どうぞご期待下さい
おわり

新規フィールド開拓!泉南野池にぶっこみバス釣り!

予告通り、泉南野池にぶっこんで来たよw
今回も予告通り、新規バス釣りフィールドを開拓すべく泉南野池へと行って参りました
・・・と、その前に皆さんに我がSBPの近況をお伝えしておきたい。

前回の淀川モンスター登場以降も、わずか数日で50アップ2本、40アップなんか10本近く追加してる。
いつものSBPとは思えないほどバス絶好調な件
ちなみに全部 淀川か野池での「陸っぱり釣果」ってとこも驚き
いや~今年のバスは凄い。序盤から50アップ&40アップがバッキバキに釣れてるもんね

こと、今年の自分に関していうと
未だに40センチ以下を釣ってない。
全部40後半~50アップとか(驚!)

こんなん何年もバス釣りやってきたけど初めての経験やわ

特別今年は例年に比べて頻繁にバス行ってるわけでもなく、せいぜい週1程度でバス釣りいってるんだけどね、みんなボコボコとデカいの釣ってくるから記事が追いつかない(汗)
ってことで、次回はここ最近の淀川釣果を中心に、琵琶湖、野池の釣果も一気にお伝えするんでどうぞお楽しみに~

さて、話を戻して「泉南野池・バス釣りフィールド開拓ツアー」の様子をご報告します
行ってきたのはGW直前の4月23日「日曜日」。
いつもなら土曜の早朝から張り切って釣りに行くところなんだけど、今回は日曜でしかも「昼過ぎ」からの釣行というイレギュラーな展開。
その理由は今回の同行メンバーにあり。↓

004
僕の息子(6)wwww
この子がまた早起き苦手なんだわ(笑)

さらに僕、息子(6)とくれば、忘れてはならないのがこちらのお二人 ↓

003
チャーリー&ご子息www
最近この4人での釣行が多い気がする(笑)

ってなわけで、僕とチャーリー、それと子供2人で新規バス釣りフィールドを開拓すべく、
泉南野池へフィールド調査に行って参りました

事前にバスが入っていることを確認していた野池はもちろん、バスがいるのかどうか分からない野池も含めて地図でアタリをつけておき、そこをシラミ潰しに釣行していくシンプルスタイルでのぶっ込み調査

001
地図で見つけておいた野池到着後の様子がこちら
まずはこんな感じでワーって池に駆け寄って、見えバスがいるかどうかを確認。
この時期であれば、必ずと言っていいほどシャローに小バスの姿が見えるので、浅瀬を中心にくまなくバスの姿をチェックします。

ちなみに写真の野池は残念ながらハズレ。
バスが居ないどころか、水深が30cmくらいしかないんで釣りにならない。
こういったことは地図見ただけでは絶対分からないので、新規フィールドを開拓する場合は、このように実際に行ってみて確認するしかない。
他にはこんな野池 ↓

002
見るからに雰囲気抜群ながらも、ここもハズレ。
「いかにも」的な野池なんだけど、ここにもバスの姿は一切無し。

恐らくこの池にも、かつてはバスが入っていたと思うんだけど
どうやら「水抜き」を喰らった模様。
これが野池の怖いところだわね

この辺の野池は定期的に池の「水抜き」を行ってるようで、ネットに出てくるような有名な野池は軒並み全滅。ほぼ例外なく数年内に抜かれてます。

となると、可能性があるのは「名前すらない奥地の野池」。
そんな山奥の野池を一つ一つ回って行くこと数時間、辿り着いた野池を覗いてみると
シャローでボケっとしてるバスを数匹確認
しかもけっこうデカいw

高ぶる鼓動の中、物陰からそ~っとリグを落としてみると・・・

完全無反応。淀川並にスレてる件。

これ、今回の泉南釣行で一番びっくりしたところなんだけど、泉南のバスは信じられないほどスレてる。極小のワーム落としてもチラ見すらしねえ(呆)
こんな民家一つ無い山奥の野池だというのにこのスレっぷり。
その理由は単純明快。
「しこたま打たれまくってるから」

秘境のような野池でも、バスアングラーは連日のように詰めかけてるようで、この日も昼過ぎだというのに地元チャリンコアングラーが数人打ってる。
・・ってか、こんな場所までどうやってチャリで来たのか不思議なレベル。
山奥の野池なんで坂だってけっこうキツいし、一番近くの民家まで数キロあるようなとこでっせ!?
恐るべし地元バサー、情熱レベルが違う(笑)

だがしかし、ここまで6~7ヶ所ほどの野池まわって、ようやく見つけた良さげな野池だけに、先行者がいるからといって僕らも諦めるわけにはいかない
そんなわけで、地元チャリンカーがスピナベやらジョイントプラグをバシバシ投げまくってる中での釣行スタートです(絶望)。

ただこの野池、スレまくってるながらも見えるバスは軒並みデカい
40近いバスが数匹固まってふらふらと回遊してきたり、ボーっとしてる無反応バスだって30後半のやつばっか。
期待値は急上昇・・・なんだけどね、とにかくガン無視スレまくり
どうアプローチしようが、どんなリグ使おうが全くの無意味。
ピクリとも反応しないというか、一切無視でお話にならないレベル

いいサイズが見えてるだけにムキになっちゃうんだけど、ここまでスレてると絶対食わない。
そこで潔く見えバスは諦めて、ブラインドの釣りに作戦変更すること数十分 ↓

005
釣れたしwwww
見えバスでなければ案外あっさりと釣れちゃってワロタw
いきなりナイスコンディションなこちらのバス、サイズは?というと・・・ ↓

006
うはw あわやゴーマルとかwww
前回の淡路野池に引き続き、またしても一発目から40後半をズドン
今年の俺、神がかって絶好調な件

ちなみに釣ったリグはというと、こちらもおなじみ「センコー」。
なんかね、最近センコーを見直してきた。
しばらく全然使ってなかったんだけど、タフなフィールドでは無敵の強さだわ。

手返しこそ最悪レベルで悪いけど、それを除けばアタリの出方も明確だし、飛距離も出るし、スキッピングも抜群に決まるしで、1点集中攻撃ならセンコーを超える使い勝手のいいワームはないんじゃないかな?
僕は他にも「ヤミィ(ジャッカル)」と「サワムラバレット」っていう、センコー型のワームも好んで使ってるんだけど、この3種類を使い分ければどんなフィールドでもノーシンカー+フォールの釣りは完璧
チビたちにもナイスなバスを見せることができてよかった(安堵感)↓

007
子供ら2人でリリースの図
この写真みて思ったんだけど、リリ禁条例なんてのやってるどこぞの湖は、こういう親子で釣りなんてシチュエーションの時、釣ったバスを子供に見せた後「じゃ、バスは外来魚だからキッチリ殺してね~」って子供に言えっていうのかね??
なんとも考えさせられる一コマですな。。

その後も、地形的にちょっとした変化のあるところだけを狙って、センコーで1点集中攻撃を続けていくと ↓

009
また釣れたしwwwしかもデカいしwww
若干出血してるけど、リグが飲まれたわけじゃないので悪しからず。
しかしこれまたかなり良いサイズ 早速計測してみると ↓

010
で、出たぁ~ゴーマルちょい届かず奴www
またしても50にちょいと届かないながらも、全然悔しくない満足な1本
だってここ「野池」だからね しかも初フィールド
初めてのフィールドで立て続けに2本もこのサイズが出れば上出来

これにて今回の目的である「新規フィールド開拓」は成功裏に終了~♪
家から1時間圏内&淀川以外のバス釣りフィールドを開拓すべく挑んだ今回のぶっ込み調査ですが、まさかのビッグサイズ登場で結果も大満足。

ついに見つけた至極の泉南野池
スレまくってたのは完全に想定外だったけど、こんだけデカいバスが入ってる野池を見つけたからには、ちょくちょく通ってみようと思います

008
最後に愛息子(6)の初バス持ちショットをご覧頂くと共に、チャーリー親子のバス持ち写真が一切無いことを付け添えまして、本日はおひらきです
おわり
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです








過去の記事
ブログ内検索
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ