SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

「スピンキャストリール」というリールのお話

本日は久しぶりにタックルのお話。
お題はタイトルにある通り「スピンキャストリール」についてです
・・・っていわれても、そもそもスピンキャストリールって何?って人がほとんどかと思う。
僕だってもし子供がいなかったら、こんなリールに出会うことすらなかった。
じゃ一体何なのよそれ?って方、まずはその正体をじっくりとご覧下さい。↓

001
これが「スピンキャストリール」。
一見すると、レバーブレーキが付いたスピニングリールのような感じだけど、スプールもベールも無いところが明らかにおかしい
しかしこれ、歴としたリールの一種で、なんのことなく実釣で普通に使うことができます。
その証拠がこちら ↓

000
前回行った芥川マス釣り場での一コマ。
見事デカマスを釣った息子(小1)の使っているリールに注目して頂きたい
なんと!スピンキャストリールが付いてる

そうなんです。実際に我が息子は、いつもこのリールを使って釣りをしてるんです。
それはなぜか?答えは至極明快
「初心者でもトラブルなく簡単に扱うことができるから」。

もし釣りをしたことない人とかと一緒に釣りに行った時を想像してみてもらいたい。
釣りをするにあたって、どんな人でも最初にブチあたる壁が「キャスト」。
これはスピニングでもベイトでもそうなんだけど、まず「普通に投げる」ということがすごく難しいわけ。

例えばスピニングだとキャスト時の指抜きだったり、ベイトだとサミングだったりというのが初心者には本当に難しくて、特に小さい子供なんか何度説明してもなかなか分かってもらえないでしょ?
「ラインの垂らしはこれぐらいの長さで、ラインローラーを上にしてラインを人差し指で拾って、握ったままロッドを後ろに引いて、投げるときに指を離す。」とか言われてもね、釣りしたことない人からすれば完全に何言ってんだこいつ?状態ですよ

じゃこのスピンキャストリールだとどうか?
いいですか?このリールでの「キャスト方法」ってのをよーくご覧下さい。↓

002
① レバーを上に引いてロッドを後ろに振りかぶる

003
②  投げる瞬間にレバーを下げる(=離す)
以上です。
たったこれだけで普通にキャストできます(マジデ!?

ちなみにキャスト後の動作もこれまたすごい 
ルアーが着水したらベールを返すとか一切無しで
「ハンドルをそのまま巻くだけ」(笑)

さらに、さらにでっせ!?、スピニングリールに付きもののライントラブルだってほぼ起きないという超絶驚きのリール、それが「スピンキャストリール」なんです

どうですか皆さん、マジでこれちょっと凄くね?
ということで、今回はこのリールを詳しくご紹介しようと思います

001
正式名称はダイワの「アンダースピン 80」っていいます。
簡単なスペックはというと
  • ナイロン糸巻量(lb-m):6-95/8-70/10-50 、 付属糸:6lb-95m
  • 自重:250g
  • 巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):56cm
  • ギア比:4.3
  • 実売価格:約3000円ちょっと
といった感じ。

3000円ちょっとで買えるところが初心者にも嬉しいところで、気になる自重もそれほど重くなく、糸巻き量も必要十分。思いの外、ごく普通のリールといってもいいのではないかと思います。
構造的なものを見てみると ↓

004
リール尻についたこのつまみが「ドラグノブ」。
普通のスピニングリールなら、スプール先端に付いているはずのドラグノブがこんなところに付いてる。
ちなみにドラグ力は「5kg」。これまた意外にも必要十分といったところ。

005
そしてこれがクラッチ切り替えレバー。
安価なリールだからといって、ハンドルが一方向にしか回らないといった心配もなし。
ハンドルだって、もちろん左右どちら側にも付け替えることができます

と、ここまでは構造的に何ら欠点らしきものが見当たらない模様。
じゃ何が普通のリールと大きく違うのよ?というとズバリこの部分 ↓

006
スプール&ベール周辺。これが明らかに異質。
まずラインが巻いてあるはずの「スプール」がカバーで覆い隠されていて見えない。
さらに、糸を巻き取るのに必要不可欠な「ベール」が存在しない
なんとも謎多き構造なのは確かですね。

では、どうやってラインを巻き取ったり、キャストしたりするのか?
これを詳しく見てみようと思います。
まずはこの周辺の構造から。↓

007

008
赤いカバー(写真上)を外した状態がこちら。
銀色の「タライ」みたいなやつと、糸が巻いてある部分があります。
それともう1つ大事なパーツがこれ ↓

009
タライから飛び出ている「ピン」のようなもの。
大まかに言うと、これら3つの部品によってラインを巻き取ることができるんです
スピニングリールの部品と置き換えてみると
  • 銀色の「タライ」みたいな部分=ベール
  • 糸が巻いてある部分=スプール
  • タライから飛び出している「ピン」=ラインローラー
といった具合
その仕組みを簡単に図解するとこうなる。↓

013
青色の線が「ライン」、黄色の線が最初に取り外した「赤いカバー」です。
動作原理はというと
  1. ハンドルを回すと「ピン」が飛び出てくる
  2. 〃 を回すと「タライ」の部分がベールのように回転する
  3. 赤いカバーとタライとの狭い隙間を通っている「ライン」がピンに引っかかる
  4. ピンに引っかかったラインをスプールに巻いていく
といった感じ。
ざっくり言うと、タライがベールのようにくるくる回って、そのタライに付いているピンがラインを引っかけて巻き取るってイメージ。
かなり大作りなシステムだけど、非常に合理的でもある
じゃ、キャストするときはどうなるの?ってことなんだけど、これまた実に合理的。↓

002

010
まずポイントとなるのは先程の「ピン」。
これが、レバーを引くと同時にタライの奥へと引っ込むわけ。
となると、ラインが引っかかる部分である「ピン」の存在がなくなる。

012
このレバーを引いた状態が、スピニングリールでいうなら
「ベールを開けてラインを指で拾っている状態」。

つまり、このままロッドを振りかぶってラインを指抜きすれば、キャストできるよ!って状態。

ここからは写真を見ながらイメージして欲しいんだけど、この時(=レバーを引いたとき)は、ピンが奥に引っ込むのと同時に、タライの部分が前に動くのね。
で、タライが前に動くと、外側を覆っている赤いカバーにタライが接触することになる。
これによってタライと赤いカバーに「ライン」がギュッと挟まれる → ラインを指で拾っているのと同じ状態になる。
っていう原理。
このままロッドを振りかぶってキャストすると同時に、レバーを離せば ↓

011
タライが元の位置に引っ込み、赤いカバーとの隙間ができる。
「この隙間からラインが放出される=キャストできる」という原理
以上を踏まえて、一連の動作をまとめてみると ↓

012
① キャストする時はレバーを引く。
 (=ラインを指で拾っている状態)


011
② ロッドを振りかぶり、キャストと同時にレバーを離す。
 (=ラインを指抜きした状態)


013
③ ルアーが着水したらそのままハンドルを回す。
 (引っ込んでいたピンが飛び出してラインを巻き取る)

文章にするとなんとも難しいんだけど、構造は実にシンプルで合理的だということをお分かり頂けたでしょうか?

この一連の動作のポイントといえば
「レバーを引いて投げる→ハンドルを巻く」だけでOK
この1点に尽きる

それ以外には何もしなくていいわけで、難しい指抜きもベールの開け閉めも一切不要。
これで全てが完結するのだから、釣りの初心者さんはもちろん、初めてキャストする人でも難なく扱うことができる。
それが「スピンキャストリール」なんです
さらにもう1点、ここにも注目してもらいたい。↓

011
ラインが放出される際の通り道である「狭い隙間」に注目。
この狭さこそがもう1つのポイントで、狭さ故に「糸ふけ」が発生しにくいわけですよ
糸ふけっていうと、ラインがボワっと出ちゃうやつね。
これがライントラブルの根源であるのは言うまでもないことなんだけど、こいつが構造的に発生しにくいということは、
ライントラブルも少ないということになるわけ。
というか、使った感じでは普通のスピニングより断然トラブルが少ない
扱いやすい上にトラブルも無いとくればもう言うことなし
どんな高価なリールよりも素晴らしいリールといっていい


だったらもう世の中のリールはこれだけでいいじゃん!って思うところなんだけど、やはりメリット相応のデメリットというものがあるわけですよ。
ざっとまとめてみると ↓
  • 飛距離が出ない
  • ナイロンラインしか使えない
  • 多少ウエイトのあるリグでないと使えない
  • 巻き取りパワーがない
こんな感じ。
全て構造上からくるデメリットなんだけど、まず飛距離については普通の
スピニングとは比べものにならないほど飛ばない
そりゃキャストの際、ラインがいろんな部品にあたりながら狭い隙間を抜けていくから当然と言えば当然でもあるけど、せいぜい20mも飛べば御の字といったところ。

さらに、使えるラインもナイロン限定。
張りのないPEだとピンがラインを拾ってくれないし、フロロだと腰がありすぎちゃってトラブルが酷いわさらに飛ばないわでどうしようもない

加えて使うリグもある程度重くないとキャストできない。
ラインの出ていく抵抗よりウエイトがないと、途中でラインが引っかかったような感じになって失速しちゃうわけ。
気持ちよく投げたいなら7g以上、そうでなくても5g以上のルアーウエイトは必要。

そんなわけで、メリットも大きい反面そのデメリットも大きい「スピンキャストリール」だけど、使う人やシチュエーションによっては余りある活躍をしてくれるリールでもあります

ただこのリール、僕が思うにダイワやシマノあたりが真剣に詰めて構造設計すれば、かなりスゴイ物ができそうな気がする
素人の僕から見ても、もうちょっとこの辺がこうだったら・・・みたいなとこがいっぱいあるから、大手メーカーさんが本気で作れば、スピニング・ベイトに続く「第3のリール」というものができるような予感というか可能性を大いに秘めたリールだと思います。

是非とも大手メーカーさんに本気で作ってもらいたいという願いを込めて、本日はおひらきです。
おわり

子供でもバッチリ釣れます!芥川マス釣り場さんへGO!

皆さま本当にご無沙汰しておりますm(_ _)m
というのも、今回ばかりは仕方ない。なぜならこれだもん ↓

000
社員旅行?? グ、グアム!?!?
そうなんです!嘘のような本当の話なんだけど、急遽来月(4月)に社員旅行で
グアムに行くことになったんです(マジデ!?

前回の社員旅行は今からちょうど5年前だったんだけど、その時もハワイでっせハワイ
そして今回がまたまた海外って、どんだけリッチな会社勤めてんだよと思ったあなた、
安心してください。
末端社員の集合体である我がSBPメンバーは真のプアです


でもね、プアだからこそ自力で海外なんて行くことはまずできないわけで、このチャンスを最大限に活かすべく、入念に予定を組んで行くわけです。
そんなわけでここ2ヶ月ほどはグアムのプランニング一色だったので、ここまでご無沙汰しちゃったってわけ(スマソ
え?グアムのプランって一体何すんのって?
んなもん全日程 「釣り」に決まってんじゃんwww 釣 り で す よ 
思い起こせばハワイの時も全日程釣りしてた件(笑)
その時の様子がこちら → 【特別企画】 ハワイの釣り!
グアム終わるまではブログもなかなか更新できないけど、諸事情お察し頂ければ幸いです

さて、話は変わってここからは釣りのお話。
今年に入ってからの僕らの釣り的な活動はというと
  • 正月恒例の遠征メバル(淡路)に行ってきた
  • フィッシングショーに行ってきた
  • 新しいベイトロッドを買った
  • 泉南メバル釣りに1回だけ行った
  • 芥川メス釣り場に行って来た ←new!
といったところ。
今年の冬は異常に寒かったこともあって、本当にこれだけしか釣り的活動をしてない
しかも、マジで全然釣れてないからもうね・・・

そんなわけで、ここまで釣れないのであれば「確実に」釣れるであろう管理釣り場へと、またしても行って参りました(笑)
今回お世話になったのがこちら ↓

001
「芥川マス釣り場」さんです
ここなんだけど、実はこの前週にSBPメンバー3人が行って来たのね。
で、いろいろと話を聞いてるうちに俺も行ってみたくなっちゃったってわけ
前回行った嵐山さんで、管理釣り場というものをあれだけ酷評しておいてこれですよ(笑)

まあ今回は僕が釣りたかったというのもあるけど、それ以上にこの人に釣ってもらいたかった方が大きい。↓

009
我が息子(小1)
本当は前週にこの子も連れてみんなで芥川行く予定にしてたんだけど、ちょうどその日に子供が病気で熱発 → 僕&息子だけ参加できずってことになっちゃったの。
出発当日の朝ギリギリまで「パパ、今日僕行ける?」って何度も何度も聞いてくるその姿を見て、あまりにもかわいそうで・・・。
そんなこともあって、一週遅れで行ってきたって寸法です

さてこの芥川さん、なんでも意外と近いみたいで、大阪市内から車で約1時間弱で行けるらしい
しかも高速使わずで行けるとのことなのでありがたい。

002
「釣はり八時よりタ五時でま」www
受付オープンは朝8時 これに合わせて6:30に出発しました。

現地に着いたのが7:40頃だったと思うけど、もう既に十数人ほど受付に並んでる
しかも8:00を待たずして受付が開いてたんで、これから行こうと思ってる人は要注意。


003
入場料(入漁券)は大人3500円、子供2000円。
それ以外に駐車場代として1000円が必要なんで、子供入れて6500円
嵐山さんでも思ったけど、意外といいお値段しますな・・・

ただこの芥川さんは、釣った魚は全部持って帰ってOKなので、もし全部釣り上げて持ち帰るぞって人なら全然お得
そんな感じで第一陣に出遅れながらも急いで釣り場へ向かい、なんとかロケーションのいい場所を確保することに成功

005

004
ここがこの日の僕らの釣り場。橋降りてすぐの上流側です。
かなり広々とした場所で、景色も美しい絶好のポイントをGET

写真に写っているのが我が息子・・・ってあれ?誰か大人が一人混じってる。
そうです。ご存知、油谷氏です
この方、前週みんなでこの芥川来てるにも関わらず、2週連続で参加というキングオブ釣り基地w
なんでも前週にデカいのが釣れたらしく、それ以来管理釣り場に嵌まってしまったらしい(笑)

まあ僕からすれば、行ったことのある経験者が同行してくれるのはとても心強い
そんな油谷氏の現地アドバイスなんかも聞きながら、早速タックルの準備を開始。
今回使うリグはといえば、もちろんこちら。↓

ae20d139
前回の嵐山で全く無反応だった「スプーン」。
嵐山ではう○こ同然だったスプーンだけど、ここ芥川ではスプーンこそが一番の釣れ筋とか
同じ管理釣り場でも、場所が違うと食性も違うのかな??

半信半疑ながらも油谷氏のアドバイス通りスプーンをセットし、いざ実釣開始
といきたいところなんですが・・・

006
肝心の「魚」が一匹もいない件(呆然)
写真を見てもらうと分かる通り、水質は完全クリアで川底まで丸見え状態なのね。
となると、魚影もはっきりと目視で確認できるんだけど、端から端まで凝視しても一匹の魚もいない。まじで完全にゼロ匹。
これはどういうことかと油谷氏に聞いてみたところ、この芥川さんは「区画ごとに魚を放流してくれる → 放流された魚を釣る」というシステムらしい。
というわけで、準備万端ながらも特にやることもなく、放流を待つこと約20分。

007
お待ちかね「放流おじさん」の登場
このバケツの中にニジマスが入っているらしい。

1人につき1バケツ放流なんで、僕らの場合は3バケツ放流してもらいました
ちょっと中を見せてもらったところ、それほどいっぱい魚が入ってるような感じがしなかったのが第一印象

008
そのニジマスたちを一気に「ザバーン!」と手荒く放流www
隣の区画なんか、橋の上から魚を落としてたし(笑)

で、狙うはもちろん放流直後だろってことで気合い入れてスタートするも、さすがにあの手荒さが影響したのかなかなか1匹目が釣れない・・・
根気よく狙ってみるとようやく魚のポジションが安定し、待望の1匹目をGET!

010
でかした油谷!ナイスフィッシュ!
この1匹が引き金になって、この後は飽きない程度にポンポンと釣れるんだけど、釣っても釣っても30cmくらいのやつばっか。
ってか、放流された魚は全部この大きさだった
ただ、よーく見てみるとデカい奴が3匹だけいる。


つまり、1つのバケツに1匹ずつデカい奴を入れてくれてたってこと。
そんなデカい奴を大人二人がかりで必至に狙ってはみるものの、やはりデカいのは警戒心も強く中々釣れない・・・

そうこうしているうちに次第に場も荒れてきて、やや諦めムードが漂ってきたその時、
すぐ隣からすさまじいドラグ音が響き渡る
まさかと思いながらも、ふと振り返ってみると ↓

011
まさかの息子(小1)www
あっさりデカいの仕留めててワロタwww

012
見てくださいよこのサイズ
これは間違いなく今日イチ

大人二人がかりで必死に狙っても釣ることができなかった奴を、あっさりと子供に釣られてしまうという顔真っ赤っか事案(笑)
気になるそのサイズはというと ↓

013
45cmとかwww
あっさりと親父の記録抜いちゃってるしwww

014
この満面の笑み見れただけで父はもう十分満足です
今回はじめてキャストから釣り上げるまで自分だけでやりきったのも嬉しい
なんせまだ小学1年生だもんね。これからの成長が楽しみです

015

016
この後もポツポツと連れ続いて、最終的には多分20匹くらい釣れたと思うんだけど、釣った魚をスカリ等に入れていくと、
区画内の魚が減る → 釣る魚の数も減っていくんで注意(笑)
区画外から新たに魚が入ってくるということもないので、もし持ち帰る意思がないのであれば、即リリースすることをおすすめします

017

さて、今回お世話になった「芥川マス釣り場」ですが、ポイントをまとめてみると

1.完全にファミリー&レクレーション的な釣り向け。ガチ釣りには向かない。
2.放流数は大体一人15匹くらい。できれば3人くらい(計45匹)で1区画入るのが望ましい。
3.魚種はニジマスのみ。デカいのはバケツ1杯につき1匹入ってる。
4.ニジマスは群れる傾向がある。どんだけフィールドが広くても、全員一ヶ所に固まって群れる。
5.魚は思ってたよりすぐスレる。ルアーローテーションしないとかなり厳しい。
6.良く釣れたのはスプーン。横の釣りが◎。フォールやボトムは興味すら示さない。


といったところ。特に「スレ」に関しては想像以上に早く、
同じルアーだと4~5回通したらもう見切られる感じ。
ただ、これもルアーの色や大きさを変えることで再びスイッチが入ったりするので、リグは色も種類も多めに準備しておかないとまずいです。ちなみに小型のミノーも良く釣れた

それともう1つ重要なのが「群れる」ということ。
僕らの区画はけっこう広めだったので、色んなとこに魚が散るんじゃないかと心配してたんだけど、これが全くその逆。
全匹が1ヶ所に固まって群れてた。
こうなると魚の居る範囲が限定されるので、例えば大人数で行ったりした場合「立ち位置」に困るわけ。そういった意味でも1区画3人までが限界かと思います。

あと、子供連れなら気になるポイントであろう「根掛かり」だけど、これは心配しなくていい感じ。
川底にはけっこう石やら岩やらが転がってるんだけど、不思議と全然根掛からなかったです。

以上、これから芥川に行ってみようと思っている方々の参考にして頂ければと思ったところで、本日はおひらきです
おわり
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです







過去の記事
ブログ内検索
  • ライブドアブログ