SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

NJ港

ついにキタ!!念願のランカーGET!!

「今年はランカーを釣る!(力強く)」
と新年1発目に宣誓してはや半年以上が経過。
いまだランカー釣れず。

そりゃーランカーともなると、そう簡単にあっさりと釣れるものじゃないってのは分かってるんよ。
でもこれだけのメンバーでこれだけの日数釣りに行ってたら半年で3本くらい、いやせめて
1~2本くらいは何かしらの魚種でランカーが上がってもいいんじゃないかと思うわけ。
なのにいまだゼロですよ「ゼロ」。。

これまでは、明確にランカーを意識して釣りしてたわけではないので、タックルセットも
ランカーを意識したセッティングでもなかった。
しかし今年は完全にランカーを意識したタックルセットで挑んではいるんだけどね、
やっぱり相手が相手だけにそう簡単には釣れないってわけです。

そもそもその「ランカー」を釣るってことはどれくらいの難易度なんだろうか?
僕らが今年意識してサイズ狙ってる魚種はもちろんシーバス、次点でチヌ・キビレのメジャー御三家。
で、各々のランカーと呼べるサイズの定義はといえば、シーバスなら80cm超、
チヌ、キビレなら50cm超ってのが一般的な感じみたいですね。

こと「チヌ」で言えば、50cmを超えると「年無し」って呼ばれます。
これ、知ってると思うけど「何年生きたか分からない(くらい大きい)」っていう意味から付いた別称、
ってか功績を称えた「勲称」に近い。
この年無しって言われるサイズになるには、およそ10年くらいかかるらしい。
そもそも魚で10年間無事生き続けることができる個体なんて全体のわずかコンマ数%ほど。
「100匹に1匹もいませんよ」ってレベル。そりゃー簡単には釣れないわけだ。
でもね、ついにそいつが釣れてしまったわけですよ☆
じゃ、早速その日の釣行日記をご覧下さい

行ってきたのは今から1ヶ月ほど前の7月25日。場所はNJ港。
NJ港といえば僕らが今年特に強化しているフィールドなんですが、その理由はもちろん
「ランカー狙い」ただ一つ!!
ここは特に梅雨~夏場に強く、数こそそこそこではあるけどサイズがデカい。
「釣れれば50アップ」とか「3インチ以下のルアーは食わない」なんて武勇伝の数々を
聞いていた場所なんだけど、実際やはり釣れてくるサイズは確かに大きい。

でも「平均して大きい」というとこ止まりで未だランカーサイズは出てないわけ。
それだけに今年こそは!という思いもあり、この日は僕と会長、ピザ、油谷の4人で行ってきました☆
で、この日はというとまだ台風が来る前ではあったんだけど、前兆的な強風が吹いてきていて
ちょうど強い向かい風を延々と食らっている状況・・・orz

こうなるとこのNJ港、手前側のテトラに風で押された波がザブンザブン被っちゃって、そのせいで
テトラの消波によって海底がかき混ぜられる→海底の泥が湧いてくる→海面に泥濁り発生
となってしまうわけですよ。

このようになると一番釣れるはずの「テトラ帯」付近が全部濁っちゃってて、案の定全く無反応。
仕方なく濁りの少ない沖目を狙うけどやはり魚影が薄くてなかなか難しい展開。
でも数打てば当たるもんで、そんな中ようやく上がった一匹がこちら ↓

001
キビレ40アップ。
うーん、最近キビレばっか釣ってるような気がするのは気のせいだろうか?
キビレにしてはサイズもいいし、厚さだってこれですよ! ↓

002
お腹パンパン!型も厚さも申しぶんない。
なのになんだろうこの残念感・・・。

やっぱシーバスのランカー狙いという命題で気合い入れて来ているせいか、キビレ師の方々
には申し訳ないけど、もはやキビレ=ギルみたいな感覚になってる気がする。

特に今年は僕自身こんなサイズをけっこうポンポン釣ってるんで驚きも無い。。
本来なら嬉しいはずなんだけど、今年のキビレはなんとも複雑な心境です。

その後、この日はやはり強風と濁りもあって僕はこの1本取るので精一杯の状況。
まわりのみんなも、カメラのフラッシュが見えないところからすると釣れてないんだろうなー
なんて思いながらふと暗闇に目をやると遠くでカメラのフラッシュ閃光が!!
「お!誰か釣ったんや」とその時はその程度にしか思ってなかったんだけど、
これがまさかの・・・
そうです!!
ランカーをGETした瞬間だったんです!↓


003
正真正銘 「年無しチヌ」 53cm!!
いや~、ついに念願のランカーを見ることが出来ました!!

釣り人はピザ氏!HITリグはアルカリのジグヘッドだそうですが、とにかく信じられない
くらいのパワーの引きを見せてくれたそうで、9ftのロッドを両手で支えながらやりとり
したそうです。完全にボラの引きを超えているらしい!
そしてこの厚さも見て!! ↓

004
こ、これってチヌですか!?
タバコが5箱積めるくらいの厚さ!!

そりゃー片手で取り込もうなんて俄然無理だわw
いや~しかし羨ましいなんてもんじゃない。喉から手が出るほど欲しかったランカーが
なんとびっくり「チヌ」ですよ。
チヌといえばただでさえ僕らの中ではなかなか釣れない超レアな魚だっていうのに、
それをまさかの年無し釣るなんて本気で凄い!!

・・・ってか思い起こせばここ最近ピザ氏はよくチヌ釣ってる。
いや、「釣ってる」んじゃなくて
掛けてる掛かってる」

この前釣ったこいつだって ↓

dff0c5c6
下腹にスピンテール引っ掛けて、否、引っかかって「釣れてた」。
俗に言う「スレ掛け」ってやつ。
で、今回の年無しはジグヘッドで釣ったって言ってたし、さすがにスレ掛けは無理だろう
と思いながらよーく魚体を観察すると ↓

005
ん?この胸びれの上にある傷は何なんすかね?

油谷 「僕、ネットで掬ったんですけどフックが体に刺さってました。」
ピザ 「違う。釣った。つ っ た。」
油谷 「でもフックは口には刺さってなかっt・・」

ピザ
「 つ っ た。 」
〃  「 つ り ま し た。 」


というわけで、記念すべきチーム初ランカーは
「スレ掛け」ということでこれにて失礼いたします。(笑)

おわり

PEラインデビュー戦はキビレ祭り!


Q「シーバス釣りで使うラインといえば?」
A「そりゃもちろん PE です。」

何を今更なんて話題なんだけど、僕が答えるとこうなる ↓

「フロロです(キリッ!!」 

なんでだろう、なんとなーくブラックバスからの名残でそのままフロロ使ってる。
しかも6lbですよ(笑)
そんなラインで大丈夫なん?と言われそうだけど、結論から言わせてもらうと全然
問題なく釣れますし、切れバラシなんて今までほとんどありません。
そりゃまだ70cmまでのサイズしか釣ったことはないから、ランカークラスだとどうなのか
は分からないけど、70cm釣ったときの感触からすれば多分問題なくいけると思う。

僕は主に港湾でワームゲーム中心(ストラクチャーを細かく探る)の釣りをしているので
それほど必要ないのが「飛距離」。その分絶対に必要なのが「感度」ってやつです。

例えば台船の隙間のようなわずかなスペースにドンピシャで打ち込んで釣るみたいな、
ちょうどブラックバスを釣るような釣り方を海でも同様にやってるので近距離戦がメイン。
そういうピンポイントキャストを中心とした釣り方をやっている人には分かると思うんだけど、
着水後すぐのフォールで食ってくることとかがかなりあるんです。

そうなると、ラインが張っていない状態でも手元にアタリが伝わることが非常に重要に
なってくるんで、自然とそういうシチュエーションに強いフロロを使っちゃうってわけ。
フロロはラインが張っていなくてもアタリを取れるところが最大のメリット。
これが港湾でストラクチャーをガンガン打っていくスタイルには一番有効ってこと。

でも逆に言うと、ストラクチャーの無いオープンエリアでの釣りには限界がある。
例えば手前側がテトラで目の前は漫然と海が広がっているような場所。
こういったエリアだと目に見えるストラクチャーが何も無いので、幅広く広範囲をサーチする
ことが絶対的に有利になってくる。となると飛距離の出ないフロロは非常に厳しい。

さらにこういったサーチ中心の釣りの場合は、巻いてくる釣りがほとんどになってくるので
巻いてくる=ラインが常に張っている状況となると一番感度がいいラインは何か?
細くて全く伸びないPEが圧倒的に有利に決まってる。

PEといえば同じポンド数でもナイロンやフロロとは比べものにならないくらい細くて
しなやかなので、圧倒的に飛距離が出る。もう他の2者とは比べものにならない。
さらにラインが張った状態だとその感度たるや
もはや完全に別次元!!

ちょっと触れた程度のアタリだって明確すぎるくらいに手元に伝わるのには驚いた!

と、これまでPEを使ったことの無い人間が何言ってんの?と思われるでしょうが、
ついに僕も使ってみたんですよ、PE! 
いや~、いろんな意味で驚きました。まあほとんど上で書いた通りなんだけど、
特にアタリの伝わり方なんかあまりにギンギンなんで、
反射的に「うわっ!」って叫んじゃったくらい(本当)


今回、PEデビューしたにはもちろん理由があって、最大の理由はこの1点 ↓
今年の抱負である「あらゆる魚種でランカーを釣る」
これを実現するため。

そのためにはやはりランカーが釣れる可能性が大きいフィールドで釣りをすることが
一番の近道であろうと思うんだけど、僕らが毎年釣行を繰り返していて一番その条件に
マッチしているフィールドが「NJ港」だったわけなんです。 

このNJ港、これがとにかく何にも無い漫然と「海」っていうフィールドなんで、ここで
釣りをするためにはもうPEを使わざるを得ないというのが本当のところ。
そこで今回はPEデビューにあたって、なんとPE専用に1本ロッドまで新調して
ランカーをGETすべく初夏のNJ港に挑みました☆

釣行日はいまからちょうど2週間前の6月13日。この日は大潮で、満潮1時間前からの
エントリーとなりましたが潮はいい感じで動いてて雰囲気は抜群。
ただ、もうバチといった感じでもなく、海面はボイルもなく静か~な状況。
果たしてPE&新ロッドデビュー戦はどんな結果が待っているのか?
早速ですが、釣果の方をどうぞ☆ ↓  

001
はい、まずは出ましたキビレ30アップ☆
サイズこそそこまでじゃないけど、新タックルの記念すべき1匹目はキビレでした♪
ボラじゃなくてよかったわ(笑)

これが開始から20分くらい、満潮まであと40分くらいってところで釣れたんだけど、
ここNJ港は潮が止まると一気に消沈しちゃう場所なんで急いでキャストを繰り返します。
するとほどなくしてこいつがドンッ! ↓

002
うは!今度は良型40アップ!しかも腹パン☆
キビレも40超えてくると引きが全然違う。しかもこんだけ太いとすごいパワー! ↓

003
写真ではちょっと伝わりにくいかもしれないけど、ちょうどタバコ3箱くらいの厚さ!
この時期はこんな腹パンキビレが釣れるから面白い^^

さらにキャストを続けるとまたまたあっさり釣れる☆ ↓

004
今度はデカいぞ!!キビレ44cm!!
ってかまーたキビレかよ(笑)

今日はシーバスのサイズ狙いで来たんですけどここまで全部キビレとかw
まあキビレもこんだけ良型が釣れれば悪い気は一切しませんけどね
このキビレだってこの厚さですよ☆ ↓

005
まじで鯉(コイ)か?ってくらいお腹が厚い。
これがグングン下に突っ込むファイトを見せてくれるもんだから最高に気持ちいい
そしてさらに10分後には ↓

006
ようやく出ましたシーバス40cm!
待ってたわりにはサイズが伸びなかったけどこれはこれで嬉しい^^

こいつもいい型してますね~。ここNJ港は本当にこんな感じで良型が釣れるところが
魅力。ただ釣れる釣れないがはっきりしてるところでもあるので悪い日に当たると
さっぱりダメ。でも今日は悪くないぞ!とばかりにさらに追加。 ↓

007
まーたキビレとか(笑) そして中途半端な30超えサイズ☆
今年はキビレが当たり年なんかな?ここNJ港以外のフィールドでも昨年は全然ダメ
だったキビレがポンポン釣れてますね。しかも良型揃い!!

ここまでわりとスムーズに釣れ続いてますが、大体1時間ちょっとでの釣果。
他にも数回のバラシがあったので全部取れてればあと3本くらいは追加できてたような
状況です。いつもならそこまでバラすことは無いんだけど、やっぱ初めてのPEなんで
合わせ方とかやりとりの仕方とかがちょっと間違ってるのかも。
これについてはこれから勉強&経験していかなくちゃですね。

さて、開始より1時間ちょっと経過したということはちょうど満潮の時刻。
ここNJ港は最初にも話したとおり潮が止まると状況が急変する。
そしてこの日も例外なくチャンスタイムはピタリと終わってここからは精々こんなのとか ↓

008

まあこんなのとか ↓

009
似たようなセイゴさんを2本ほど食らって本日納竿です。
他のみんなも釣ってる場所によって釣果にムラはあったけど可も無く不可も無い
ような感じで釣れていたみたいです。おもしろいことに、シーバスが釣れるところでは
シーバスばっかりだったようで、ほんの数メートルの差で釣れる魚が変わるんですね☆
こういった情報も今後に活かしていきたいと思います。

さて、最後に本日釣れたMAXサイズフィッシュをご紹介!
そのサイズたるや他を圧倒する70cmオーバー!!

釣り人は最近乗りに乗ってるご存じ
「NBOX 油谷氏」です! どうぞ!! ↓












010
てめぇ、また巨ボラじゃねーか!(怒)
ってかさー、なんで毎回ボラにメジャー当てて写真撮ってんだよ。
・・・それにしてもデカいなw

そんなこんなで今回人生初PE&新ロッドでの釣行でしたが、トラブルもなく無事入魂
することができましたので満足です☆
次回は本日使ったPE&新ロッドのインプレや、僕の使ってる全てのロッドをインプレ
含めてご紹介したいと思いまーす 
おわり 
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです








過去の記事
ブログ内検索
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ