SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

泉南方面

新規フィールド開拓!泉南野池にぶっこみバス釣り!

予告通り、泉南野池にぶっこんで来たよw
今回も予告通り、新規バス釣りフィールドを開拓すべく泉南野池へと行って参りました
・・・と、その前に皆さんに我がSBPの近況をお伝えしておきたい。

前回の淀川モンスター登場以降も、わずか数日で50アップ2本、40アップなんか10本近く追加してる。
いつものSBPとは思えないほどバス絶好調な件
ちなみに全部 淀川か野池での「陸っぱり釣果」ってとこも驚き
いや~今年のバスは凄い。序盤から50アップ&40アップがバッキバキに釣れてるもんね

こと、今年の自分に関していうと
未だに40センチ以下を釣ってない。
全部40後半~50アップとか(驚!)

こんなん何年もバス釣りやってきたけど初めての経験やわ

特別今年は例年に比べて頻繁にバス行ってるわけでもなく、せいぜい週1程度でバス釣りいってるんだけどね、みんなボコボコとデカいの釣ってくるから記事が追いつかない(汗)
ってことで、次回はここ最近の淀川釣果を中心に、琵琶湖、野池の釣果も一気にお伝えするんでどうぞお楽しみに~

さて、話を戻して「泉南野池・バス釣りフィールド開拓ツアー」の様子をご報告します
行ってきたのはGW直前の4月23日「日曜日」。
いつもなら土曜の早朝から張り切って釣りに行くところなんだけど、今回は日曜でしかも「昼過ぎ」からの釣行というイレギュラーな展開。
その理由は今回の同行メンバーにあり。↓

004
僕の息子(6)wwww
この子がまた早起き苦手なんだわ(笑)

さらに僕、息子(6)とくれば、忘れてはならないのがこちらのお二人 ↓

003
チャーリー&ご子息www
最近この4人での釣行が多い気がする(笑)

ってなわけで、僕とチャーリー、それと子供2人で新規バス釣りフィールドを開拓すべく、
泉南野池へフィールド調査に行って参りました

事前にバスが入っていることを確認していた野池はもちろん、バスがいるのかどうか分からない野池も含めて地図でアタリをつけておき、そこをシラミ潰しに釣行していくシンプルスタイルでのぶっ込み調査

001
地図で見つけておいた野池到着後の様子がこちら
まずはこんな感じでワーって池に駆け寄って、見えバスがいるかどうかを確認。
この時期であれば、必ずと言っていいほどシャローに小バスの姿が見えるので、浅瀬を中心にくまなくバスの姿をチェックします。

ちなみに写真の野池は残念ながらハズレ。
バスが居ないどころか、水深が30cmくらいしかないんで釣りにならない。
こういったことは地図見ただけでは絶対分からないので、新規フィールドを開拓する場合は、このように実際に行ってみて確認するしかない。
他にはこんな野池 ↓

002
見るからに雰囲気抜群ながらも、ここもハズレ。
「いかにも」的な野池なんだけど、ここにもバスの姿は一切無し。

恐らくこの池にも、かつてはバスが入っていたと思うんだけど
どうやら「水抜き」を喰らった模様。
これが野池の怖いところだわね

この辺の野池は定期的に池の「水抜き」を行ってるようで、ネットに出てくるような有名な野池は軒並み全滅。ほぼ例外なく数年内に抜かれてます。

となると、可能性があるのは「名前すらない奥地の野池」。
そんな山奥の野池を一つ一つ回って行くこと数時間、辿り着いた野池を覗いてみると
シャローでボケっとしてるバスを数匹確認
しかもけっこうデカいw

高ぶる鼓動の中、物陰からそ~っとリグを落としてみると・・・

完全無反応。淀川並にスレてる件。

これ、今回の泉南釣行で一番びっくりしたところなんだけど、泉南のバスは信じられないほどスレてる。極小のワーム落としてもチラ見すらしねえ(呆)
こんな民家一つ無い山奥の野池だというのにこのスレっぷり。
その理由は単純明快。
「しこたま打たれまくってるから」

秘境のような野池でも、バスアングラーは連日のように詰めかけてるようで、この日も昼過ぎだというのに地元チャリンコアングラーが数人打ってる。
・・ってか、こんな場所までどうやってチャリで来たのか不思議なレベル。
山奥の野池なんで坂だってけっこうキツいし、一番近くの民家まで数キロあるようなとこでっせ!?
恐るべし地元バサー、情熱レベルが違う(笑)

だがしかし、ここまで6~7ヶ所ほどの野池まわって、ようやく見つけた良さげな野池だけに、先行者がいるからといって僕らも諦めるわけにはいかない
そんなわけで、地元チャリンカーがスピナベやらジョイントプラグをバシバシ投げまくってる中での釣行スタートです(絶望)。

ただこの野池、スレまくってるながらも見えるバスは軒並みデカい
40近いバスが数匹固まってふらふらと回遊してきたり、ボーっとしてる無反応バスだって30後半のやつばっか。
期待値は急上昇・・・なんだけどね、とにかくガン無視スレまくり
どうアプローチしようが、どんなリグ使おうが全くの無意味。
ピクリとも反応しないというか、一切無視でお話にならないレベル

いいサイズが見えてるだけにムキになっちゃうんだけど、ここまでスレてると絶対食わない。
そこで潔く見えバスは諦めて、ブラインドの釣りに作戦変更すること数十分 ↓

005
釣れたしwwww
見えバスでなければ案外あっさりと釣れちゃってワロタw
いきなりナイスコンディションなこちらのバス、サイズは?というと・・・ ↓

006
うはw あわやゴーマルとかwww
前回の淡路野池に引き続き、またしても一発目から40後半をズドン
今年の俺、神がかって絶好調な件

ちなみに釣ったリグはというと、こちらもおなじみ「センコー」。
なんかね、最近センコーを見直してきた。
しばらく全然使ってなかったんだけど、タフなフィールドでは無敵の強さだわ。

手返しこそ最悪レベルで悪いけど、それを除けばアタリの出方も明確だし、飛距離も出るし、スキッピングも抜群に決まるしで、1点集中攻撃ならセンコーを超える使い勝手のいいワームはないんじゃないかな?
僕は他にも「ヤミィ(ジャッカル)」と「サワムラバレット」っていう、センコー型のワームも好んで使ってるんだけど、この3種類を使い分ければどんなフィールドでもノーシンカー+フォールの釣りは完璧
チビたちにもナイスなバスを見せることができてよかった(安堵感)↓

007
子供ら2人でリリースの図
この写真みて思ったんだけど、リリ禁条例なんてのやってるどこぞの湖は、こういう親子で釣りなんてシチュエーションの時、釣ったバスを子供に見せた後「じゃ、バスは外来魚だからキッチリ殺してね~」って子供に言えっていうのかね??
なんとも考えさせられる一コマですな。。

その後も、地形的にちょっとした変化のあるところだけを狙って、センコーで1点集中攻撃を続けていくと ↓

009
また釣れたしwwwしかもデカいしwww
若干出血してるけど、リグが飲まれたわけじゃないので悪しからず。
しかしこれまたかなり良いサイズ 早速計測してみると ↓

010
で、出たぁ~ゴーマルちょい届かず奴www
またしても50にちょいと届かないながらも、全然悔しくない満足な1本
だってここ「野池」だからね しかも初フィールド
初めてのフィールドで立て続けに2本もこのサイズが出れば上出来

これにて今回の目的である「新規フィールド開拓」は成功裏に終了~♪
家から1時間圏内&淀川以外のバス釣りフィールドを開拓すべく挑んだ今回のぶっ込み調査ですが、まさかのビッグサイズ登場で結果も大満足。

ついに見つけた至極の泉南野池
スレまくってたのは完全に想定外だったけど、こんだけデカいバスが入ってる野池を見つけたからには、ちょくちょく通ってみようと思います

008
最後に愛息子(6)の初バス持ちショットをご覧頂くと共に、チャーリー親子のバス持ち写真が一切無いことを付け添えまして、本日はおひらきです
おわり

泉南メバル釣りと 「中セ池」 初挑戦の巻

・・・おっとあぶない。
危うく今月ブログ更新無しになるとこだった。(セーフ)

皆さんどーもご無沙汰してます。早いもので2月も終わりですね。
今月は2週連続で東京出張だったもので、ブログはおろか まともに釣りすら行ってない。
加えてこんだけ寒いと釣りもの自体が無いもんで、記事にできるネタってのも無くて困る
とはいえ、行かないことには釣れないだろ!ってことで、今月も頑張って行って来ましたよ
早速ご報告させてもらいましょうかね。
まずは泉南メバル釣りから 
行って来たのは2月5日。会長と油谷と僕の3人でいつもの泉南へGO!

この日の状況はというと、連日の最低気温が1℃とか2℃なんていう冬真っ只中の時期に、
なぜかやんわりと暖かい外気6℃&無風ベタ凪という、冬の釣りであれば願ってもない
超絶好の釣り日和でした
こんな釣りやすい条件の日にメバル行かなくてどうすんの?ってくらいの好条件なんだけど
この感じ、なんか嫌~な予感がする。

ここで前2回のメバル釣りの様子を振り返ってみると、どちらもこの日と似たような状況なんだけど、
これがまたさっぱり反応が悪かったわけ。
「メバルは凪を釣れ」なんて言ったやつマジで出てこい 
結論としては、メバルは適度に潮が動いてないとダメだってことが分かったんだけど、この日も
これまた全く潮が動いてない超ベタ凪&無風のシチュエーションですよ。。 
嫌な予感はしていながらも、手始めにいつも釣ってる某漁港内をちょいちょい打ってみると ↓

001

002
・・・まあ釣れることは釣れるんですけどね、そのサイズがね(溜息)
もうこの時点でなんとなく結果はお察しなんだけど、高速乗ってわざわざ泉南まで来たのに
このまま帰るわけにはいかないでしょってことで作戦を考える。

「メバルは適度に潮が動いていることが重要」ってことが、ここ前2回までの釣行で
分かっていることなんで、こんな一切潮が動かないベタ凪の港内なんかで打っても結果はしれてる。
こんなところで茶濁している場合じゃない。
となると、こんな状況の中で少しでも潮が動いているところってのを探すことが必須。
じゃ、どこ行けばいいの?ってことで考えた結果はというと・・・↓
(答) 外海のテトラ帯。
いや~自分で解出しておきながら言うのもなんだけど、テトラとかまじキツいっす

だって足場は悪いし、暗いしでとにかく釣りにくいしさー、しかも波がザブザブかかっちゃって
まともに釣りができないんだよね、テトラって。・・・・って、ん?いやちょっと待って。
このベタ凪&無風だったら、むしろこんな日じゃないと
外海のテトラなんか打てないんじゃね?

と逆に考えてみる。
確かにここまで凪ってれば、例え冬場のテトラであってもいつもと違ってかなり波が穏やかなはず
しかも、テトラであればちょっとした潮の干満だけでテトラ周辺は複雑に潮が動いてくれるはず!
うはwこれ絶対正解だわwww(確信)
ってなわけで、早速みなぎる自信と共に真冬の外海テトラに移動

現場に着いてみると、思った通りの波加減でやんわりとテトラ周辺は潮が効いてる状況。
これはもらった!とばかりにちょいちょいテトラ周りを打ってみると ↓

003
やっぱり釣れたしwww まあまあサイズだしwww
うん、最近の俺は冴えてるわw ゲームの組み立てが早い
・・・って自画自賛したいとこなんだけど、実際釣れたキーパーサイズはこの2匹だけ
他はオールリリースサイズばっかりだったところが、まだまだ考えの甘いところ。
こういう場所って、絶対にいいサイズばかりが固まっているポイントがあったはずなんよね。
それを見つけることができなかった点が実に甘い。もっと精進しなきゃですなー

さて、話は変わって今回もう1つの釣りネタが「中セ池」。
「中セ池って何?」と思った方、ググってもホームページとか出てこないから(笑)
気になるその「中セ池」ってのがこちらです ↓

004
いわゆるヘラ釣りの管理釣り堀ってやつ
今回、なぜかふらっ~っとこの「中セ池」に行って来ました(笑)

行って来たのは2月11日の祝日。
この日も天気に恵まれポカポカ陽気で絶好の釣り日和だったんだけど、だからといって
ヘラ釣りまでするほど僕は釣りキチ○イじゃない
いやね、たまたまこの辺りに用事があって周辺を探索してると、結構野池がちらほらあったわけ。
せっかくだから、バスが釣れそうな野池をいろいろ探してみようと車で走っていると、
「ヘラブナ専門釣池 中セ池」 という看板を発見

とはいっても、ヘラなんか全く興味無いから普段なら完全スルーしちゃうとこなんだけど、
その看板の上に小さい文字で「子供用金魚釣り池有り」って書いてある。
へぇ~、金魚の釣り堀なんてあるんや~♪
・・・って、き、「金魚」ですか!?!?

これに鋭く反応したのが、今日の釣りの相棒であるこの方 ↓

006
 SBP最年少メンバー、僕の「息子(5)」www

息子 「パパぁ、ここって金魚さん釣れるん??」

やなかつ 「そう。金魚釣れる池があるんだって。珍しいなw」
息子 「釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りたい釣りた・・(以下同文 」

というわけで、めっきり愛息子に甘いパパは、何の抵抗もなくあっさりと中セ池へ

こちら、50台も駐められる無料の駐車場完備なので、ちょっと寄ってみるかくらいの軽い感じで
駐車場を見てみると、まさかの満車も満車(驚!)
ちなみにまだ午前10時なんですけどwww
ギリギリ1台駐めれるかどうかってスペースに車を駐めて中に入ると、店の人全員が一斉に
驚いたような顔してこちらを見る。どうやらこちらに来られるお客さん(=ヘラ師)は年配の方
ばかりで、こんな若年親子が来るのが珍しいらしい

早速、受付の方に金魚釣りのことを聞いてみると、
・ 金魚釣りはエサ・貸し竿込みで1セット700円。
・ 終日(閉店時間4時)までならどれだけやっててもOK。
・ 釣った金魚のうち、2匹までは無料で持って帰ってOK。
・ エサはなくなったら100円でおかわりできる。

とのこと。ちなみにヘラ釣りの方はなんと2500円でした(高!) それでもヘラ池は超満員 ↓

004
この真冬にも関わらず、釣り座すべてが
埋まっているという驚愕の事実
 
こんなマジヘラ師の中に混ざって金魚釣るなんて、なんだか気が引けるな~なんて思っていると、
受付の方 「じゃ、頑張っていっぱい釣ってね!金魚はこっちの池だから。」といって、
さっきのヘラ池とは違った方向に案内される。案内とおりに着いていくと・・・ ↓

005

009
こちらが「金魚池」。誰もいないしwww
ヘラとは対照的すぎるその光景に、息子(5)も本能的に不安の表情を見せるレベル(笑)
受付の方から「のべ竿」1本と「エサ」を手渡され、どうやっていいかも全く分からないまま、
なんとなーく息子と2人、この広大な金魚エリアで釣りをスタート!
ちなみにこちらが金魚釣り用のエサ ↓

007
「うどん」です。普段僕らが食べてるあの「うどん」。
これに、見た目「きな粉」みたいな粉をまぶしてあるんだけど、この粉が超臭いの
多分鯉釣りかなんかのエサに使う粉?だと思うんだけど、これがまぶしてあるのね。
そのうどんをこんな感じで細かくカットして針に付ける。 ↓

008
針もとっても小さい。俗に言うタナゴ針ってやつだと思う。
この針にカットしたうどんを付けるんだけど、ちょうど米粒くらいの大きさにカットするのが
ベストとか。ってことは相手は相当小さいってことかな??
言われた通りにリグをセットして早速金魚釣りスタート ↓

010
こんな感じで、のべ竿にエサ付けての浮き釣りです
アングラーのクセで、無意識にこの池の水深とか調べちゃったけど、この池意外と深くて
ちょうど1ヒロくらい。
水温も低いし、多分金魚の活性も低いだろうってことでまずはベタ底に仕掛けます。(なぜか本気)
さあ!あとは金魚ちゃんを釣るだけ!頑張れ愛息子







------- 1時間経過 --------






011
SBPヘラ釣り恒例 「不動浮き」。
いつものごとく、浮きはピクりとも動くことなく時間だけが過ぎ去るも、まだ最初なんでポイントを
移動してみたり、浮き下の調整をしたりなんてやってたら意外と時間が早いし、まあまあ面白いw
息子もまだまだ余裕の伺える表情 
ただね、1時間経ってもまだその姿を見てないわけですよ。
・・・え?何の姿かって??
そりゃ金魚に決まってるでしょ。金魚。
これが池のどこ見ても1匹も見えないの。金魚釣りの池は2つあるんだけどね、どちらの池
見ても全く姿が見えない。釣り堀だったらせめて1匹くらい見えてもいいと思うわけ。(懐疑)
「もしかしてこの池、金魚なんていないんじゃね?」なんて、釣り堀に対して決して抱いては
いけない禁断の念を抱きつつ、さらに2時間が経過。 ↓






012
 ・・・息子よ、もういい。
おまえは本当によく頑張った。
 
悪いのはきっと大人、そう、大人たちの方だ。
いないものは釣れるはずがないし、管理池ではどこからか魚が入ってくることだって
ないわけだ。つまりいくら頑張ってもいないものは釣れないんだ。

いや、一応誤解のないように言っておきますが決して「1匹も」いないとは言ってませんよ。
そりゃ、僕らの腕が悪いとか、たまたまこの日だけは金魚が浮いてこなかったから
見えなかっただけなのかもしれません。ただ、もう1点だけ付け加えておくと、
僕、この日偏光グラス持ってきてたんすよね。
これ以上は何も申しませんが、少なくとも偏光で見える限りでは・・・(略

でも、スタッフの方々はとっても親切で、ちょくちょく様子を見に来てくれたり、子供にお菓子
くれたりしてくれて本当に良くして下さいました
お店を出るときに「残念だったけど、また来てね。」と受付の方に声かけてもらって、息子も
小さくうなずいていたんですが、帰り際の衝撃の一言がこちら
受付の方 「もう少し暖かくなったら大和川の方に金魚仕入れに行くんだけどね、
冬はね~業者さんもいないから仕入れられないのよ~(ニッコリ


いやそれ、今言うこと違う。
大事なことだから2回言うけど、
いやそれ、今言うこと違う。


そんなわけで、金魚釣るならもう少し暖かくなってからがおすすめです。
おわり
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです








過去の記事
ブログ内検索
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ