SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

淡路島方面

淡路野池でスポーニングバスを狙え!&このブログについて

010
行って来たぜ!グアム!
前々回の記事でお知らせした通り、SBP海外遠征第2弾となるグアム釣行の旅から無事帰って参りました

011
グアムの中心地「タモン」の街をロッドと共に闊歩するSBPメンバー(カッケー!
3泊4日の全日程を全て釣り一本で乗り切って参りました
このグアム遠征については、またあらためてじっくりとご紹介するんでどうぞお楽しみに

で、今回は旅行前に行って来た淡路島野池のお話。
時期はずいぶんと前のことになるんだけど、今年の春は様子がおかしかった。
ここ最近の気温を見てもらったら分かる通り、とにかく寒いわけ
GWもすっかり明けて梅雨入りなんて時期だというのに、未だに長袖着てる人がいっぱいいるくらいだもんね。

そんな寒さを引きずる今春のスポーニングはといえば、やはり例年に比べて遅れていたのはいうまでもなく、さらに「時期が分散している」という困った状況らしい。
全体的にポストスポーンが遅れるだけならまだしも、時期がバラバラとなると超厄介・・・。
同エリアにスポーニングに入っている個体もいれば、まだまだプリだよって奴もいるなんて、釣る側からしたら困惑極まりない

そんなわけで、できるだけエリア全体のスポーニングシーズンがズレることなく、さらに水温が安定して上がりやすいフィールドである手狭な「野池」を狙ってみたという寸法です
じゃ、早速見てみましょうかね。

001
行って来たのは昨年と同じ淡路某野池。
例年ならスポーニングシーズンのド真ん中ともいえる時期に行って来たにも関わらず、相変わらず釣り人が少ない・・・ってか、全くいないのはなぜですか?

これ、去年も同じ事言ってた気がするんだけど、この野池って名前伏せるほどシークレットなところでもなんでもなく、淡路でもわりと有名な野池らしいのね。
なのに今年もまた独占ですよ(謎)

普通ならプレッシャーが低くなって喜ぶところなんだけど、この時期の土曜日だというのに誰一人アングラーがいないのはさすがにおかしい。
一抹の不安と疑念を抱きながらも、まずはフィールド全体の様子をチェック

002
こ、この水質の悪さは一体・・・(絶望)
この野池はかなり規模が大きいこともあって、早々に水質が荒れることもないような印象だったんだけど、昨年と違って水の状態は極めて悪い

さらに驚いたのは「水位」。
これが昨年比でいうと+1mくらい上がってる。
リザーバーの+1mなんて屁みたいなもんだけど、こと野池ともなると+1mは「大増水」といってもいいレベル。
特にスポーニング絡みでシャローを打つ釣りが中心になるこの時期に、ここまでの増水はかなりキツい

その「増水」が影響するのは、魚のポジションだけではない。
陸っぱりから釣りをする側にとって、最も重要である「足場」がうんと減るのが非常に困るわけ。
案の定、去年は陸地だったところがほぼ全て水没してしまい、釣りが出来そうなところは池全体の1/4ほどに減少
もはや絶望的な状況に絶句するも、もう1度この写真を見て欲しい。↓

001
あれ?なんかゴムボートが浮いてね??
デッキ&エレキまで付いた完全フル装備のこちらのボートはというと ↓

3dccad2d
ご存知「チャーリー氏」の愛艇。
チャーリー氏、ちゃっかり自分だけボート準備してきたらしい
まあ、実のところこの日のチャーリー氏は、フライフィッシングでバスを狙いたいということでボートを準備してきたんだけど、この状況なら喉から手が出るほど同船させて欲しいのは言うまでもない。

僕「チャーリー、ちょっと俺も乗せてよ
チャーリー「やだよ。(キッパリ」


もうね、こんなやつは地獄に落ちて閻魔様にチン毛抜かれたらええ(怒)
わずかな望みを絶ちきられた以上、意を決して陸っぱりに舵を切らざるを得ないんだけど、なんせ打てるところが超限定的でさっぱり釣れる気がしない・・・

キャストできる所といえば、この池に来たなら誰しもが必ず打つであろうような分かりやすいオープンエリアか、ストラクチャーも何も無いフラットエリアのみ。
本当にそれ以外打つところが無いわけ

スポーニングの釣りに是非とも絡めたいシャローエリアは水中奥深くに沈んでしまっているばかりでなく、そこへ繋がっていた道さえも水没してしまっているため、全くもってリグを入れることは不可能。。
もうね、わりと絶望ですよ
こうなったら仕方ないので、とにかく打てるところは全部打つくらいの勢いでランガンして行くも、案の定アタリの一つもない。

そんな状況が延々と続き、ノーバイトのまま午前中を終了~

003
3人揃ってノーバイト完封負けのご様子。
ここから午後の部に折り返すんだけど、この状況ではさすがに坊主を意識するパターン

春のバス釣りってのは、「魚の居場所」が最重要。
スポーニング絡みのバスってのは、いるところには居るけど、いないところには全く居ないのが顕著だもんね。
その最も大事な「居るところ」ってのが分からない、否、分かってはいてもリグが届かない所にあるとなると、もう完全に詰んだといってもいい状況やわね・・・。

とはいえ、ここ淡路まで遠征してきたからには、手ぶらで帰ることはできない。
そんなわけで、岸から打てる範囲をそれこそシラミ潰しでランガンして行くこと数時間後 ↓

004
つ、釣れたしwww
苦節8時間、キャスト回数にして数百を数える超絶ランガンの結果、ついに待望の一尾をGET

006

005
この時期にして、まさかの腹ぺちゃなナイスガイがご光臨w
とはいえ、なんせ足が棒になるほど歩きに歩いてようやく釣れた1本は感無量

ようやく仕留めたHITリグは5”グラブのJH。
軽めのJHでも遠距離を投げれて幅広くサーチができる自重と、小粒でも自然なアピール力のあるワームということで選んだのがこの5”グラブ。
バス釣りにおいて「巻きの釣り」を一切しない僕がこんなリグを使っていたことから、いかに暗中模索な釣りであったか分かってもらえると思う。

007
サイズもまずまずな40アップ
これで50あったらなーなんて思うんだけど、今日はもうこの1本で十分です。

釣れた場所はというと、10cm径ほどの細い配水管が1本だけ水中に伸びているところ。
たかがφ10cmの配水管とはいえ、この池では唯一の目に見えるマンメイドストラクチャーなんです。
やはりこういったわずかな変化であっても、必ずバスは着いてるもんですね。

そんなわけで、この1本を釣ったところで数キロ歩いた疲れがどっとこみ上げてきたため自主納竿
納竿後、合流した油谷氏が45アップを釣ったと聞いてさらに疲れが倍増(笑)

HITリグは巻きのシャッドテール「リズムウェーブ」とか
油谷氏も巻いてるところからやはり暗中模索の釣りだった模様
以上をもって、本年度初のバス釣りは微妙な釣果にて無事終了です

さて、ここからは「このブログについて」のお話を少々。(※長文注意)
釣りに全く関係ない話だから、興味の無い方はどうぞスルーの方向で
ここ最近記事をアップできていなかったことからお気づきの方も多いと思いますが、今回の記事をもちまして、このブログを終了させていただこうと思います。
長らくの間お付き合い下さった皆さま、本当にありがとうございましたm(_ _)m


・・・というのは嘘です(笑)
とはいえ、実はけっこう悩んだのも事実。

このブログ程度のボリュームの記事を書くのって、実はかなりの時間と労力と要するわけで、何か「目的」みたいののがないとなかなか続けられないっていうものでもあるんですね。

例えば広告を貼って収入を得るとか、何かを販売するための客引き目的でブログをやるとか、そういったものがあるとないとではモチベーションの維持に大きく違いが出る。
で、僕の場合はというと、見てもらえれば分かる通り自前の広告は一切ゼロ。
ましてや何か販売するものも無いし、商売に繋げようなんて考えは毛頭ない。
金儲けが目的じゃないならアクセス数なんて稼ぐ必要も無いわけで、数を伸ばすことが目的じゃ無いとなるとブログをやる意味すらなくなるわけです。

じゃ、なんでブログやってるのかというと、一番大きいのが「恩返し」。
僕は釣りに出会ってから20数年になるんだけど、釣りに関するあらゆる情報をネットから得てここまできました。
釣り場についても然り、釣り方やルアーの情報なども含めたほとんど全ての情報を、個人の釣りブロガーさんを中心に教えて頂いてきました。
多分皆さんも、釣りに関する情報収集方法って同じだと思う。

そんな貴重な情報を頂いたおかげで、今ではブラックバスのみならず、シーバスやチヌ、イカからタコなんてのまでを含めた、あらゆるルアー釣りをこなすことができるアングラーへと成長させていただいたわけです。
これも偏にネット、というか釣りブロガーの皆さまのおかげ。

育ててもらった分は恩返しをせねばということで、今、自分の持ちうる知識や情報なんてのを、また次の世代のアングラーの方々へ少しでも還元できればなーなんて思いで、微力ながらもブログを続けてきました。

今の人たちはネットに溢れる情報に慣れ過ぎちゃって、書くことはもちろん、読むことすら面倒臭いなんて人ばかりになってしまったらしい。
それに相応するかのように、長い文章でしっかりと読ませてくれていた「ブログ」はもはや完全にオワコン。
SNSの中心はインスタだのツイッターだのなんていう、写真だけとか短文だけなんていう「読み飛ばし系」のものにすっかりと王座を奪われてしまいました。
こんなもんね、見たってなんのタメにもならないんだよ。
「淀川ナウ。50アップGET!!」なんて一言が添えられたバス持ち写真を見て、なにか得るものがある??

僕はもっと深く、そのアングラーさんの考察であったり、技術的なうんちくであったり、そんなものをじっくりと読ませてもらいたいし、そんな記事を読ませて頂いたおかげで今の自分があると思ってる。
そして、やがては僕もそんなブロガーさんたちに少しでも近づけたらなーなんてちょっぴり思ってます。

だからこそ「ブログ」という、今やgoogle検索においても下位にしかヒットしなくなったオワコンツールを使い続け、これからも少しでも記事を書き続けようと決意した次第であります
というわけで、結局なにが言いたいのかよく分からん感じになってしまいましたが、ブログを辞めようかと悩んだことを撤回し、心機一転ブログを続けていこうと胸に誓ったお話でした。

拙いブログではありますが、これからも量より質にこだわった「読み物系ブログ」として執筆していこうと思いますんで、これからもどうぞよろしくお願いします
おわり

行ってきましたアオリイカ!中秋の淡路島に挑む!

週末雨ラッシュとはいかかなものか?
この釣れ釣れシーズンである秋にですよ、週末を狙ったかのように雨天続きとか何の嫌がらせかって話ですよ
しかも一番釣れ頃で風も穏やかな10月が台風で全滅・・・。
タチウオやらアオリのシーズンを待っていた人も多いと思うんだけど、今年は残念ながら一番いい時期を雨にもってかれちゃいましたねぇ

もちろん僕もアオリのシーズンインを心待ちにしていた一人なんだけど、毎週末雨予報ではおいそれと遠征の予定も立てられない
かといって、このまま天気のいい週末を待っているだけでは絶好のエギングシーズンも終わってしまうだろってことで、今年も恒例の
平日有休エギング遠征へと行ってきました

今回のフィールドは?とえば、昨年の宣言通り「淡路島」。
この島にはなんせあまりいい思い出がないんで最近めっきり行かなくなってたんだけど、過去2年の日本海遠征が全くもって全然ダメだったので、今年は通い慣れた淡路島を遠征の舞台とすることに決定
ただ、一言で「淡路島」っていってもそのフィールドは広大なわけで、どこで釣るかというのがとても重要になってくる。

これまでよく行っていたのは森、仮屋、洲本周辺から土生あたりまでの「東岸エリア」が中心だったんだけど、今回は気分一新で「西岸エリア」をじっくりと攻めることに
淡路島西岸の全般的な特徴といえば、
サンド底質&シャローフラット。
わりと沖合まで砂地のシャローエリアが続くような感じ
しかもそのシャローっぷりが結構なもんで、1m~2mなんて水深がメイン。となるとシャクって釣るアオリ釣りのイメージが湧きづらいエリアでもある。ひどい場所だと水深1mすら無いってとこもいっぱいあるからね
加えて底質は砂地。
磯も岩場もない、ちょうど海水浴場のようなサンドがずーっと続いてる感じ。
つまり、アオリの付き場である「シモリ」がチープ。
そんなとこだけ見ると、とてもじゃないけどアオリ釣りには向かないエリアにも見える淡路島西岸を、我がSBPはどうやって攻めるのか?さっそくご覧いただきましょうかね

今回行ってきたのは西岸最南端付近。
すぐそこには鳴門大橋が見えるような、複雑に潮の効いたポイントからスタートです
流れこそそこまで早くはなくとも、目まぐるしく潮目が変化するような複雑な潮周りが特徴の場所なんだけど、シモリがチープなエリアであればあるほどこういった潮流の変化がポイントになってくる。
そんな場所での記念すべき第一投がこちら。↓

002
いきなり釣れたしwww しかもデカいしwww
まだ水深も何もサーチすらしていない第一投でいきなりのドン 今日はなんだかいけそうな予感
とはいってもこれは腕でもなんでもなく、まさに「偶然の一匹」。
ただ適当なとこに投げて2~3回しゃくっただけのことであって、そこに自分の思慮も狙いも何も無い。
もちろんそんな適当釣りでも釣れ続けばいいんだけど、このアオリ釣りってのは
頭でよく考えて、狙ったところにキャストして、キッチリとエギを操作できるかどうかで釣果がうんと違ってくる。

例えば今回行ったエリアで考えて見ると、
まずポイントになるのは「水深」。
これが手前から10m先くらいまでは水深1mくらいしかない。その先はなだらかに深くなっていくイメージで、それでもキャストの届く範囲はせいぜい水深2~3m程度。
となると、テレビでやってるような鬼シャクリなんて浅すぎて全くできないし、さらにこれまたテレビで言ってるような「まずエギを底まで落として~」なんてことも全く不要。
だって水深がないんだから(笑)
高々水深3m程度までであれば、エギをどのレンジに通してもOK
底にいるアオリも表層にいるアオリも確実にエギに気付いてくれます。だからわざわざ底まで落として、底ベタのアオリに気付かせるなんてことする必要が無いわけ。
そんなエリアでの釣り方はというと ↓

8eef1082
① エギをキャストしたら適当に沈ませる。

② チョ~ンみたいなしゃくりでエギを持ち上げる

③ 持ち上がったところで「チョンチョン」と軽いトゥイッチを入れる

④ 再びフリーフォールで落とす

こんな感じ。まるでテレビとは違う(笑)
大体ねー、あんな「シュッパンシュッパン」音の出るようなシャクリ入れて 飛ぶようなダートさせたところで、近年のスレたアオリさん達はびっくりして散っちゃうだけだって。
余計にスレて釣れなくなるわ

次に大切なのが「底のシモリ」。
もう何度も口を酸っぱくして言ってるとおり、アオリは「根」です。
水底に岩だとか海藻だとか、何だかの根があるところにアオリはキッチリと付いてます。
これはシーバスやらバスやらのいわゆる「居付き」とはちょっと意味合いが違うんだけど、アオリも漫然と何も無いところにふらふら浮いてるわけでなく、身を寄せれる何かに確実に付いてる。これはベイトとなる小魚も同じ。

ただ今回のエリアは、肝心な「根」が非常にチープ。砂地だけが延々と続くイメージです
逆にそんなベリーチープなフィールドだからこそ、ちょっとした「根」がとても重要になってくる。
例えばこんなやつ ↓

003
カンナが拾ってきた「海藻」。
ほぼ何も無い砂地の中で、ちょっとでもこんな海藻が生えてるところを見つければチャンス
そんなところには確実にアオリが付いてます。

そして最後が「流れ」。
今自分が立っているフィールドはどんな方向へどのように潮が動いているのかをしっかりと把握しておくことで、ベイトとなる小魚の全体的な動きや、エギを流すライン取りも頭の中でイメージしやすい。
これは、エギを一回でも通せば流れの方向とか早さが分かると思うんだけど、今回のフィールドはバッチリと綺麗な「潮目」が立ってたので容易に把握可能

潮目といえば、相対する流れがぶつかり合うところになるわけだから、当然潮に乗せられた小魚たちも強制的に集められてしまうところでもある。
となれば、それを狙うアオリも集まるのは至極自然なことで、そこを狙わずしてどうするかって話ですよ

それらを踏まえて、ちょんちょんシャクリで潮目を引いてくることからスタートするんだけど、その周囲に海藻の生えてる「根」を探しながらサーチすることを忘れずにエギを引いていきます。
で、潮目付近でいい根のあるところを見つけたら、そこを集中攻撃
これを繰り返すだけで ↓

001
手早く無駄なく効率的に釣れる
まあこれ全部僕が釣ったわけじゃないけど(うち3杯は他メンバー)、誰一人アングラーの居ない不人気スポットでこれだけ釣れれば大満足

エギを底にも落とさず、強シャクリすら入れずでもちゃーんと釣れる。
何でもテレビでやってることが正解ってわけではないんです。

そのエリアの特徴に合わせた釣り方を、自分で考えて見付けるってことがとても大事
それでいうなら僕のエギングタックルなんてのもまた異質。
まずは「ロッド」を見て頂きたい。↓

006
ご存知「クロステージ」ですが、
注意すべきは「ハードロックゲーム用」という点。
ハードロックっていったら、岩礁帯にいるデカい根魚釣るためのゲーム用ってことになるんだけど、そのスペックはというと ↓

007
まず長さが7.3フィート。
一般的なエギングロッドより1フィートほど短い
さらにはアクション。これが「ファースト」ですよ。

普通のエギングロッドなら、エギを力強くダートさせれるように胴調子の「レギュラーファースト」になってるのが一般的なはず。

そして極めつけはロッドの説明文。これは読んでみてくれたら分かる。
まるでエギ関係ないどころか、真逆に位置するような「ジグヘッド」なんてことが書いてある(笑)
じゃ、なんでこんなロッド使ってんの?ってことだけど、答えはもちろん
この釣りに合ってるし、使いやすいから
湾内や堤防、テトラ周りで秋イカ釣るなら俄然こんなロッドの方が向いてる。

秋イカといえば、キロアップなんてイカを狙ってるわけでもないのでロッドパワーはいらないし、堤防周りや港内を打つのであれば遠投性能もいらない=ショートロッドでいい。
ショートロッドにする利点がもう1つ。
「キャストアキュラシー」。
藻などのシモリを見つけたら、そこを一点集中攻撃するのが僕の釣り方なんで、見つけたところに確実にキャストできることが何よりも重要なわけ。
そういった「キャスト精度」を高めるためにはなんといってもショートロッドが有効になってくる。

さらには、テレビのような鬼シャクリも一切しないうえに、アクションは「チョンチョントゥイッチ」であれば、調子もファーストがベスト。レギュラーファーストなんて使いにく過ぎ。
こういう、釣り場や釣り方に合ったタックル設定こそ重要と思うわけです。
エギングだからエギングロッドなんてのは全然意味がない。
もう1つ見てもらいたいのが僕がエギングで使ってるライン。↓

005
フロロってwww しかも6lbってwww
でもね、エギングにはPEを使え!なんてルールは全くない。
大体PEはそもそもエギが跳ね上がりすぎて使いにくい。僕みたいにゆる~く持ち上げるようなシャクリ方で、チョンチョントゥイッチするなら適度に伸びるフロロの方が使いやすいに決まってる。
まあ飛距離こそ出ないにしても、そもそも飛距離はいらない釣り場なんで全然OK
そしてもう1つ見てもらいたいのが僕の使ってるエギ。↓

008
同一のエギ+同色ばっかり(笑)
これもテレビでは「澄み潮ならこのカラーで~」とか「常夜灯付近ならこのカラーで~」なんて言ってるけど、結局色んなカラーを試した結果、
夜釣りなら、潮も明かりもその他どんな要素があったところで、色による釣れ方に差は無い。
だったらもう何でもいいじゃんってことになって、エギングを始めた頃によく使っていた基本カラーである「ピンク」と「オレンジ」だけを使うことになったってわけ
ちなみにテープは全部「虹」。これも特に深い意味はない(笑)

ただ、同メーカー揃えは意味あり。
僕のようなゆる~いシャクリ方をする釣り方の場合は、エギもあまりダートしてくれないものが理想
となると、シャクリが軽くて跳ねるようなダートをするアオリーQ系よりも、ヌメリと動くヤマシタのエギ王Qの方が合ってる。
そんなわけで、僕はどんなところでもエギ王Qのベーシックタイプだけを使っています。

ちょっと長くなっちゃったけど、言いたかったのは「なんでもメディアの言ってることが正しい」ということではないよってこと。
この釣りにはこれじゃないとダメとか全然ない。
自分の釣り方に合ったタックル、フィールドに合わせたタックルセットを組むことが、一番釣りやすく高釣果につながるんじゃないかなと思ったところで、今日はおひらきです
おわり
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです







過去の記事
ブログ内検索
  • ライブドアブログ