SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

シーバス

秋夏釣果をまとめてドン!港湾シーバス、シイラ、うなぎ釣り編

まじご無沙汰すぎてスマソ
連日1000人を超える皆さんに訪問してもらっているにもかかわらず、ここまで更新されないブログに我ながら呆れ顔(深く反省)
ここにきてようやくこの忙しさから脱出できそうなので、これからガンガン釣り行ってガンガンブログを更新するよう頑張りますんでよろしくですm(_ _)m

さて、季節はすっかりと秋の様相。
これからの時期はなんといってもタチウオとアオリイカ
待ちに待ってた人も多いんじゃないかと思うけど、僕の予想に反して今年のタチウオは絶好調らしい
ここ数年の経験則でいうと、しっかりとした梅雨があった年はタチウオやアオリが「豊漁」になることが多かったんだけど、今年はそれに当てはまらず・・・。
今年は「空梅雨」だったのにタチウオの出だしは好調らしい

やっと秋のシーズン予測が確立したと思った矢先にこれですよ。。
ただ逆にアオリは?というと、これまた大していい感じでもない。う~ん、この辺が自然相手の難しさってとこですかね 
そのアオリも10月に入りいよいよ淡路が解禁 解禁早々行ってきますんでどうぞご期待下さい

で、今日の記事は?って話なんだけど、今回はたまりに溜まった晩夏~早秋までのSBP釣果を一気にドンとご報告しようと思います
まずは「シーバス」からどうぞ

港湾シーバス釣果

昨年~今年は「淀川バス釣り」ばかり行っちゃってほとんど海に行ってない(汗)
しかしながらその淀川も、春終わり頃から始まった未曾有の大減水によって今夏は大不調だもんね
かといってバス釣りの高度なゲーム性を味わってしまうと、単調なシーバス釣りに戻ろうなんて気にもならず、最近の忙しさも相まってしばらく釣りに行ってなかったわけ。

でもさすがにノーシーバス釣行で年を終えるのはマズイだろーってことで、
我が愛すべきドブ港湾へと2回だけ行って来ました
最初に行ってきたのは、まだバチなんてキーワードがギリ残っていた頃の「NJ港」。
ここはかなり外海にある港湾なので魚の出入りが激しく、その分釣りムラも大きいんだけど、一発大物狙いなら間違いなくここ
特に夏序盤あたりであれば、その確率もグンとあがる。
そんな期待を胸にシンペンをリグること第2投 ↓

0527-1中島
いきなり釣れたしwww
バスばっか行ってた後だから、あまりにイージーな展開になぜか困惑(笑)
とはいえ釣れないよりは釣れる方が俄然面白いわけで、引き続きシンペンを引いていくと ↓

0527-2中島
メザシサイズ・・・orz
この時期のNJ港ならこんなの釣れることの方が珍しいのに、まさかのメザシ様ご降臨ですよ
この1本でなんとなく嫌な予感がしたんだけど、その後はというと ↓

0527-3中島
40ちょい・・・

0527-4中島
40届かず・・・

0520-2中島
ま-たキビレ、ってかチビレ・・・
といった感じで、全くいいサイズが上がることなく終了~
他に一緒に行ったメンバーはというと ↓

0520-1中島
似たようなキビレのダブルヒットでフィニッシュです
ずいぶんと海釣りから離れてたせいで感覚が鈍っているのかもしれないけど、さすがにこの釣果で今年のシーバス釣りを終わるわけにはいかない
ってことで、次に行ってきたのは僕がこよなく愛する
キングオブ・ドブ港湾「AJ港」です

こちらは最夏の頃に行ってきたんだけど、なんせもう酷いのよあれが
それは「臭い」。正真正銘ドブの香り(笑)
ただでさえ汚水で満たされた港湾なんで、夏ともなると強烈に腐敗臭が漂うわけ 多分初めてここに来た人は、こんなところでシーバスが釣れるなんて絶対思わないはず。
そこで今回一緒に行ったのが、シーバス釣り初挑戦というこの方 ↓

001
SBP初登場 バービー氏です
はじめてのシーバス釣りでこのロケーションとはお気の毒(笑)
ただ、こんな水質でもいいサイズのシーバスが釣れちゃうから不思議

今回はシーバス初挑戦のバービー氏に釣り方なんかをレクチャーしながら一緒に回ったんだけど、偉そうに釣り講釈ばっか垂れて、もし釣れなかったら死ぬほど恥ずかしい展開でもある
そんなわけで、底知れぬプレッシャーと戦いながらの1本目 ↓

002
ちょwww俺最高にかっけーwww
とりあえず釣れたとこ見せれて死ぬほどホッとしたってのはナイショ
早速ナイスサイズなキビレを計測してみると ↓

003
45あるなし 立派なキビr・・・ってあれ??
これキビレ違う。まさかの「チヌ」!
年無しまであと5cmに迫る大物はキビレじゃなくて「チヌ」。いや~、まさかこんなところでお会いできるとは夢にも思わなかった。しかもこのサイズだから余計にびっくり
チヌって泥水でも成長できるんですね(笑)

僕的にはチヌ釣れたってことでこの日はだいぶ満足だったんだけど、今日の狙いはチヌじゃなくて「シーバス」。
なんとしてもシーバス釣って、バービーに見せてあげないと締まらない。
そんなわけで、僕が愛するAJ港のポテンシャルを見せるべく頑張った結果がこちら ↓

004
こ、これはwwwまじで俺かっけーwww
チヌ釣った後のこの展開に我ながらちょっとびっくり サイズはというと ↓

005
出ました「スズキ」様www バービー濡れ濡れwww
もう本当に満足です。ありがとうございました。
残念ながらバービーは初シーバスGETならずだったけど、普段エサ釣りメインでやってるだけにルアーでこんなのが、それもこんな場所で釣れるっていうのを知ってとても新鮮だった様子
次回こそは、一緒にシーバスを釣り上げたいと思います
さて、お次は引き続き海水の部「シイラ」をどうぞ ↓

小浦一文字シイラ釣果

今年こそは皆んなでシイラ行きたいと思って、SBPシイラ担当「麻呂」に逐一情報を聞いてたんだけど、残念ながら今期はイマイチらしい

シイラ釣りに行くとなると、場所は和歌山の「小浦一文字」一択になるんだけどこれがまた遠いわけ。
加えてこの一文字に渡してくれる渡船の一番船出航時間が午前2:00頃っていう、常人には理解しがたい時刻設定だもんで、よほど「釣れる」という確信がない限りは重い腰が上がらない。

そもそもなぜ一番船が夜中の2時とかに出船してしまうのか、船長と小一時間ほど詰めて話してみたいというのは置いておいて、その出船時刻にキッチリと合わせるのが「麻呂」。
そこまでして毎週のように通い詰めた今夏のシイラはというと ↓

003
40あるなし

004
これまた40あるなし・・・

005
いったいったで50あるなしという、ペンペンラッシュにて終了~
このくらいのサイズでも釣れるならおもしろいんだろうと思うけど、時間&コストと天秤にかけたらちょっとね・・・。
まだ一度もシイラやったことないのに贅沢だろ!って声が聞こえてきそうだけど、これは来年のお楽しみにとっておこうと思います

SBPシイラ担当の麻呂も、毎週こんな釣果が続いてさすがに心が折れたようで、次に向かった先というのがこちら ↓

001
オフショアwww マグロ狙いwww
ボート乗ってマグロとか、どんだけ松方だよ(笑)
乗り合いのキャスティングボートらしいんだけど、初心者にも関わらず単騎で乗り込んじゃうから不思議

100gだか200gだか、ちょっと僕にはよく分からないウエイトのルアー付けてマグロを狙うらしいんだけど、1乗船16,000円とか取られちゃうわりに釣れるのはこんなやつ ↓

006
名前もよく分からないんだけど、そのサイズがもうね・・・
それでも諦めず、毎週のようにボート乗船するも
未だ一度もマグロの姿を見たことないらしい(笑)
多分今期10回くらい乗船してると思うんだけど、マグロのナブラすら目撃できない「マグロ船」というのは果たして普通なんだろうか?

そんな哀愁漂う麻呂のボートも、ごくまれにデカいナブラ(←マグロではない)に当たることがあるようで、そんな滅多にないチャンスを逃すものかとばかりに釣り上げたのがこれ! ↓

007
これはwww かなりの上ブリwww
いや~こいつは驚いた マグロ釣れなくてもこんなブリが釣れたら全然おk
ここまで頑張った甲斐があったってもんだけど、累計10万円を超える乗船料がかかっているということは秘密です(笑)
さて、お次は淡水の部。SBP夏の名物企画であるこちら ↓

夏の風物詩「うなぎ釣り」

本当言うとこの企画だけで1記事書こうと思ってたんだけどね(←察して
今年も行って参りましたよ「うなぎ釣り」
意外と読者の皆さまにも好評なこの企画、実際の現場ではおっさん連中が食って駄弁ってるだけなのに、やたらアクセス数が多いのはなぜですか?(笑)
ちなみにこちらが昨年の様子 → 叶うか!?大阪市内でうなぎを釣る!

まあ、やってる方もこれはこれで何気に楽しかったりするもんで、毎年恒例イベントにしているんだけど、今年はねー・・・とりあえず見てもらいましょうか
行ってきたのは7月末頃。
毎年駄弁る相手欲しさのためだけに、釣りなんてやったこともない的な新人を1人連れて行くんだけど、今年の栄えある犠牲者はこの方 ↓

001
ズゴック氏です。
釣りなんてミジンコも興味ないこちらのズゴック氏。悪い先輩達を持ってしまってお気の毒
そしてもう1方忘れてはならないのがミスターUNAことこの方 ↓

002
なんでそんなにキレてんのwwww
今年も無理矢理連れて来られてしまったミスターUNAことチャーリー氏(笑)
もはやウナギングには欠かせないお方です
そんなわけで総勢8人で挑んだ今年のウナギング、仕掛けなんかもおさらいすると ↓

003

005
ミミズ、ナスオモリ、うなぎ針、この3つがあれば大丈夫。
これに加えてスズもあったら完璧です
これでリグ作ったら、あとは適当に投げ込むだけでおk ただマンジリともせずスズの音を待ちます。

006
こちらは前回同様「ペットボトル釣法」にてうなぎを狙う油谷氏。
今回は3本ペットという攻めの姿勢で挑みます(笑)
今年こそうなぎを釣り上げることができるのか?ご期待下さい

009
そしてこちらがミスターUNA「チャーリー氏」の様子
竿先なんか一切見ず、ひたすらスズの音に集中してるのがお分かり頂けるでしょうか?
靴音を完全に消すべく素足になり、うつむきながら一点集中するその姿。
け、決して飽きてるとかそういうのじゃないからね(笑)

まあ、この光景からも分かる通りいつものように
なにも起きないわけですよ
釣れる気配もしなければ、アタリなんてのも一切ない。
ただただひたすら時間だけが過ぎていく、それが「うなぎ釣り」
開始30分でこの有様ですからね、この釣りがいかにモチベーション維持との戦いかお分かり頂けるかと思う。
と、そんな空気の中不意を打たれるように釣れちゃったりするから困る・・・↓

007

008
で、でました巨フナwww
ペットボトラー油谷氏、今年も渾身のフナ?GET
昨年は巨コイで今年はフナ。
なかなか本命のUNAは釣れないながらも、沈黙を破るこの一本に大満足のバス持ちです

油谷氏のこの1本で、全員のやる気が一気に急上昇するも、
いかんせんこの釣り、特にやることが何もない
せっかく「よし、やるぞ!」ってなってもですね、なんせその気合いをぶつけるところがないもんで、10分もすればまたすぐにこうなる。↓

006

009
果たしてこれって楽しいんですかね?(笑)
この間、死ぬほどどうでもいい話を延々としながら時間を潰すわけなんだけど、我が社一のソープランダーであるズゴック氏は、目を爛々とさせて熱くソープ〇ンドの話をするわけです
まずお店の外観から中身をどう判断するか?とか、受付ではどのように振る舞うのが一流のソープ〇ンダーなのかなんていうウンコみたいな講義を聴きながら、適当な相づちを打っていると・・・
鈴「チリンチリン・・・」
「チリリリリリリリリリリリリイリリr---------!!!」

鈴が鳴ったら何すればいいのかすら忘れてた頃のこの一閃
ズゴック氏のロッドが激しく唸る ↓

010
慌ててロッドに駆け寄るズゴック氏!
ズゴック「ところで何をすればいいんですか?」
そうだったwwwこの人釣りすんの初めてだったwww

釣れてからリールの巻き方をレクチャーされるという、釣り人にとってあってはならない事態に遭遇しながらも、言われるがままにハンドルを巻いてくると ↓

011

012
釣wwれwwたwwしww
まさかまさかの一匹目は、釣り自体初挑戦であるズゴック氏に
こんな大阪のド真ん中で2年連続天然の日本ウナギが釣れた。そして完全に確信した。
うなぎは絶滅危惧種でも何でもない。
わりとどこにでも普通にいる。


実のところこの日はこれ1本で終了だったんですがね、他のウナギンガーの方もちゃんと釣れてたところを見ると、「絶滅危惧」種なんて生き物とは到底思えない
多分本当にどんなとこにでもいると思うんで、来年皆さんも是非トライしてみて下さい

今回は長くなるのでここまでですが、次回はアオリを中心にここ最近の釣果情報をお届けします
今年の淡路アオリ、絶好調でっせ お楽しみに~
おわり

海釣り復活!いざシーバスへ!【釣果まとめ】

今年は全然シーバス行ってないわw
淡水ばっか。ってかバスばっかやっててシーバス忘れてた(笑)
ただ、この盛夏(8月)に湾奥の港湾行かないなんてさすがにもったいない。
なぜなら中~大型シーバスのベストシーズンだから 

こんなこというと「いやいや、大型狙うなら春のバチシーズン河口でしょ~」とか、
「秋口の大型河川中流域に決まってるだろ~」なんて声が聞こえてきそうなんだけど、
僕が言ってるのは「最湾奥」、しかも港湾部での話。
最湾奥の港湾で大型が釣れるのは夏です(キッパリ!

これは何年も最湾奥シーバスやってきての経験則なんで間違いない。

しかもバチやら河川やらのシーバスと違って、狙っているのはあくまでも居付き型と呼ばれる
シーバス。決して回遊してくる大型を狙っているわけではありません。
ではなぜ回遊型ではなく居付き型を狙うのか?その答えはただ1つ
こんなドブみたいな最湾奥にわざわざ回遊シーバスは回ってこないから(笑)
回ってこないもんは狙いようがないだろってだけの話

まあこれ冗談のような本当の話で、普段綺麗な水を回遊しているようなシーバスが、こんな
ドブのように汚い湾奥の、しかも河口から遠く離れた最湾奥港湾までは早々回ってこない。
だから、釣れるシーバスは決まって体色が黒ずんでる&大顔。ひれはボロボロに裂けまくって
るという、回遊の銀ピカ個体とは遠くかけはなれた薄汚いボテッとしたやつばっかw
でもね、そんな汚いドブ湾奥にも大型は確実に居る。
ただ大型っていっても80cmを超えるランカーサイズとなると、居るか居ないかといった話に
なってはしまうんだけど、中~大型レベルである60~70cmクラスなら全然普通に釣れます

さらに、こういった港湾の居付き型を狙うメリットとしては、バスのようにある一定のストラクチャー
やら明暗やらにシーバスがキッチリと着いてるんで「狙いやすい」ってのがある。
明らかにここは一等地だろ~的なところにちゃーんと強い個体(=大型)が着いてる。
だから、目に見えて良さそうな場所だったり潮のアタリがいいところなんかにリグ入れてやるだけで
普通に大きなサイズが、しかも数もポンポンと釣れるってとこが最大の魅力。

そんなわけで、只今絶賛激アツシーズンである最湾奥港湾部へ久しぶりに行って来ました
今回はシチュエーションの違う3つの港湾に行って来たので順に釣果報告です。
各現場の特徴なんてのもちょっぴり載せておくんで、なにかの参考にでもして下さい
まずは僕が愛してやまないキングオブ・ドブ港湾「AJ港」釣果からどうぞ ↓

8月5日 AJ港 
【AJ港の特徴】
・ 港湾の位置 = かなり湾奥(最湾奥)
・ 水深 = かなり深い(10mクラス)
・ 水質 = 悪い(マッディーレベル)
・ 水流 = 緩い


この日の現場は潮もほどよく流れていて僕的に一番好きなベストに近い状況。
そんな、港湾内に適度に潮が動いている状況でめっぽう強いのが「アップクロス打ち」。
潮速と同じスピードでふわふわと潮上から潮下方向へと引いてくるのが常套で、さらにそこに
船やら明暗やら潮アタリといったなんだかの要素が絡めば釣れたも同然
って感じでいつもの通り、船際をふわふわ流してくると ↓

003
開始10分でこれですよwww 56cm www
居る場所にそっとリグ入れてやって、強引に引っ張り出すってのが湾奥港湾の釣り。
だからそれほど時合い的なものも関係なく、むしろその「居る場所」ってところに
どれだけ正確にキャストできるか?ってのが超重要。逆に入ればほぼ釣れます(笑)

居着いてるやつは普段からプレッシャーがかなりかかっているので、簡単には釣れない
ながらも、それはなんとなーく普通に打ってる場合でのお話。
そうじゃなくて、とにかく目の前も目の前!ってくらいの至近距離を超タイトに通してやれば、
食う気が無い魚でもついつい反射的に口を使ってくる。キャスト精度が超重要。
まあ、完全にバス釣りみたいな感じですな

でも、これこそが神経質な港湾の居付きシーバスを釣る常套手段。
だから僕は海でも6ftのバスロッド&6lbのフロロラインを使ってシーバスやってます
投げる距離なんてのもほぼ10m以内。キャストだってフリッピング中心です(笑)
ただ、この日は幸先こそ良かったものの後が続かずで・・・ ↓

004

005
 
006
こんな感じで無念の終了~。
それでも久々にシーバスやったんで十分楽しかったです 
それにしてもキビレは腹パンパンだった。何のベイト食ってんだろ?
お次はあの「釣れない港 人気投票ナンバー1」に輝き続けるTS港・・・ ↓

8月7日 TS港 
【TS港の特徴】
・ 港湾の位置 = けっこう外海寄り
・ 水深 = ほどほどある(5mクラス)
・ 水質 = あまりにも悪い(墨汁レベル)
・ 水流 = 非常に緩い


このTS港、とにかく釣れない。なのになぜか行きたくなっちゃうのが不思議(笑)
まあ、僕の場合しょっちゅう釣りに行けないってのがあるんで、季節毎に色んな釣り場の
状況をチェックしておきたいってのがあって、行ける場所は一通り全部行くわけだけど、
ここはダメだ。調査しなくてもいいくらい釣れない。
次はもう行くまいと思い続けながらも早5年。また行っちゃったよ・・・orz

釣れない理由は間違いなく水質の悪さ。もうね、真っ黒。
しかもツンと臭うほどの悪臭まで漂う始末 これではさすがにシーバスも居着けない。
その上港湾内の水流もほとんど無いので、夏場なんか特にヘドロ湾状態ですよ。。
でもね、ここの魅力はシーバスではなくキビレ。こいつのデカいのが結構釣れる
そんなわけで、シーバスは釣れればラッキーってな感じでちょいちょい打ってみると ↓

007
またも開始10分w 居付き狙いなら10分あればおk!
しかし見て下さいよこのヒレ。もうボロボロ。多分このヘドロ水で溶けてるわ(笑)
まあ居着いてるやつはシーバスもキビレも大体こんな感じ。魚体が汚い

でも、ただでさえ釣れないここTS港で、1本でもこんなのが釣れれば上々。
贅沢は言えないながらも、時間はたっぷりあるのでもうちょっと頑張ってみると ↓

008
サイズアップ!これくらいのキビレは素直に嬉しい
その後はボラの猛攻に悩まされこれにて終了~。やっぱりシーバスは釣れなかったです。
しかしここのキビレ達もお腹がパンパン。食ってるベイトが気になるところ。
で、お次はちょっと雰囲気変わって外海側にあるNJ港 ↓

8月11日 NJ港 
【NS港の特徴】
・ 港湾の位置 = かなり外海寄り
・ 水深 = ほどほどある(5mクラス)
・ 水質 = 非常に良い(薄めた麦茶レベル)
・ 水流 = 非常に早い(潮が効いてる)


さて、このNJ港。これまでもかなり中~大型の実績が高いポイントなんだけど、前2港との
最大の違いはその立地。ほとんど外海に近い位置にあるので、湾奥の港湾とは言いがたい。
外洋に近いだけあって水質は良好。その上潮汐に応じてしっかりと潮が動くので、時合い的な
釣れ方をするところでもある。

ここは居付きをタイトに狙うというよりは、わりと手数打ってやる気のある個体を釣るのが
ベストな釣り方かと思う。ただこの場所、居付きを狙わないということは釣りムラも非常に激しい
場所でもあって、釣れるときは本当に大釣りになるんだけど、釣れないとこれまた本当に
さっぱりという、何とも無慈悲なフィールド 

そんな場所なんで、ここに行くときは僕も飛距離重視で7.3ftのロッド&PEラインを巻いて
ガンガンキャスティングするスタイルで挑みます で、結果はというとこちら ↓

009

010

 011
まあそのあれですわ。
最後の1本こそなんとかそれなりだったけど他がもうね・・・orz

しかもまたしてもシーバス坊主だし  ただ、この日は5人で行ったわけなんだけど、
5人がかりでもシーバスは1本も出なかったから本当に居なかったと思う。(言い訳)
最後に番外編として、みんな大好き淀川(淡水域)へw ↓

7月29日 淀川 
【この場所の特徴】
・ 位置 = 淀川中流域
・ 水深 = ほどほどある(3-5mクラス)
・ 水質 = 普通(ごく普通の淀川水質)
・ 水流 = 早い(川のアウトサイドベンド)


正直こちらは記事にしようかどうしようか迷ったレベルなんだけど、まあ番外編として
ついでに載せときますね。狙いはもちろん「ブラックバス」
しかもこの日はローカルルールとして「プラグオンリーゲーム」を適用という、ここ淀川で
バスを狙うにあたっては無謀としか言いようが無いルールを設定・・・。

まあ、海でも川でも年に何回かはこれやるんだけど、いずれもプラグしか持ってないとなると
割り切って色々試せるんで後学的にはとてもプラス もちろん釣果的には激マイナス(笑)
で、ズバリ結果はと言うとこんな感じ。 ↓

001

002
案の定、ギルラッシュですわ・・・orz
まあ、それでもこんだけギルが釣れただけマシといえばマシ。
ここ淀川だと、ワーム使ったところで一切無反応なんてことはザラなんで、釣れるだけ
でもありがたいです。ただね、プラグだと針外しがこれまた面倒い
写真のように結構ガッツリ掛かってるんで、外すのだけども一苦労といったところ。
これがバスなら喜んで外すんですけどね~ まあうまくはいかないものです。
ちなみにHITプラグはジャッカルのセイラミノー。
これ、僕は海でよく使ってるんだけど、海でも川でも本当に良く釣れます
あ、今回はギルだったけどもちろんバスも釣れまっせw

使い方はワンダーと全く同じ。ゆっくりと一定速度でリトリーブしてくればおk。
だったらワンダーでもいいんじゃね?って話なんだけど、このセイラさんはワンダーより
さらに浅いレンジを引いて来れます。ゆっくり巻いてもだいたい水面下30cm前後。
この超激浅レンジをゆっくり巻いてこれるのはこのセイラミノーだけここがステキ

ただ、ワンダーと比べて残念なのはその飛距離。これはワンダーの圧勝です。
まあ、これ元々バスプラグなんで、飛距離の釣りというよりはアプローチ的な使い方が
向いてると思うんだけど、いずれにしても持ってて損の無いプラグです。

そんなわけで7月29日(淀川)、8月5日(AJ港)、8月7日(TS港)、8月11日(NJ港)と、
7月末~お盆前までおよそ週2釣行という、実は
超タイトな釣行スケジュールをこなしてました(笑)
普段なかなか自由に釣りに行けない僕がここまで集中して釣りに行けたのも珍しい
結果こそ、なんともパッとしなかったけど、みんなとワイワイしながら釣りに行くってのは
やっぱ最高に楽しいもんですね 
ただ、ここで終わらないのが我がSBP

次回予告!!


012

SBP 新・夏の風物詩イベント!!

030

・・・ん?なにこれ??

013

う、うなぎ釣り!?です・・・か!??
次回盆明け後半編、ご期待下さい

おわり
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです








過去の記事
ブログ内検索
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ