SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

エギング (イカ)

行ってきましたアオリイカ!中秋の淡路島に挑む!

週末雨ラッシュとはいかかなものか?
この釣れ釣れシーズンである秋にですよ、週末を狙ったかのように雨天続きとか何の嫌がらせかって話ですよ
しかも一番釣れ頃で風も穏やかな10月が台風で全滅・・・。
タチウオやらアオリのシーズンを待っていた人も多いと思うんだけど、今年は残念ながら一番いい時期を雨にもってかれちゃいましたねぇ

もちろん僕もアオリのシーズンインを心待ちにしていた一人なんだけど、毎週末雨予報ではおいそれと遠征の予定も立てられない
かといって、このまま天気のいい週末を待っているだけでは絶好のエギングシーズンも終わってしまうだろってことで、今年も恒例の
平日有休エギング遠征へと行ってきました

今回のフィールドは?とえば、昨年の宣言通り「淡路島」。
この島にはなんせあまりいい思い出がないんで最近めっきり行かなくなってたんだけど、過去2年の日本海遠征が全くもって全然ダメだったので、今年は通い慣れた淡路島を遠征の舞台とすることに決定
ただ、一言で「淡路島」っていってもそのフィールドは広大なわけで、どこで釣るかというのがとても重要になってくる。

これまでよく行っていたのは森、仮屋、洲本周辺から土生あたりまでの「東岸エリア」が中心だったんだけど、今回は気分一新で「西岸エリア」をじっくりと攻めることに
淡路島西岸の全般的な特徴といえば、
サンド底質&シャローフラット。
わりと沖合まで砂地のシャローエリアが続くような感じ
しかもそのシャローっぷりが結構なもんで、1m~2mなんて水深がメイン。となるとシャクって釣るアオリ釣りのイメージが湧きづらいエリアでもある。ひどい場所だと水深1mすら無いってとこもいっぱいあるからね
加えて底質は砂地。
磯も岩場もない、ちょうど海水浴場のようなサンドがずーっと続いてる感じ。
つまり、アオリの付き場である「シモリ」がチープ。
そんなとこだけ見ると、とてもじゃないけどアオリ釣りには向かないエリアにも見える淡路島西岸を、我がSBPはどうやって攻めるのか?さっそくご覧いただきましょうかね

今回行ってきたのは西岸最南端付近。
すぐそこには鳴門大橋が見えるような、複雑に潮の効いたポイントからスタートです
流れこそそこまで早くはなくとも、目まぐるしく潮目が変化するような複雑な潮周りが特徴の場所なんだけど、シモリがチープなエリアであればあるほどこういった潮流の変化がポイントになってくる。
そんな場所での記念すべき第一投がこちら。↓

002
いきなり釣れたしwww しかもデカいしwww
まだ水深も何もサーチすらしていない第一投でいきなりのドン 今日はなんだかいけそうな予感
とはいってもこれは腕でもなんでもなく、まさに「偶然の一匹」。
ただ適当なとこに投げて2~3回しゃくっただけのことであって、そこに自分の思慮も狙いも何も無い。
もちろんそんな適当釣りでも釣れ続けばいいんだけど、このアオリ釣りってのは
頭でよく考えて、狙ったところにキャストして、キッチリとエギを操作できるかどうかで釣果がうんと違ってくる。

例えば今回行ったエリアで考えて見ると、
まずポイントになるのは「水深」。
これが手前から10m先くらいまでは水深1mくらいしかない。その先はなだらかに深くなっていくイメージで、それでもキャストの届く範囲はせいぜい水深2~3m程度。
となると、テレビでやってるような鬼シャクリなんて浅すぎて全くできないし、さらにこれまたテレビで言ってるような「まずエギを底まで落として~」なんてことも全く不要。
だって水深がないんだから(笑)
高々水深3m程度までであれば、エギをどのレンジに通してもOK
底にいるアオリも表層にいるアオリも確実にエギに気付いてくれます。だからわざわざ底まで落として、底ベタのアオリに気付かせるなんてことする必要が無いわけ。
そんなエリアでの釣り方はというと ↓

8eef1082
① エギをキャストしたら適当に沈ませる。

② チョ~ンみたいなしゃくりでエギを持ち上げる

③ 持ち上がったところで「チョンチョン」と軽いトゥイッチを入れる

④ 再びフリーフォールで落とす

こんな感じ。まるでテレビとは違う(笑)
大体ねー、あんな「シュッパンシュッパン」音の出るようなシャクリ入れて 飛ぶようなダートさせたところで、近年のスレたアオリさん達はびっくりして散っちゃうだけだって。
余計にスレて釣れなくなるわ

次に大切なのが「底のシモリ」。
もう何度も口を酸っぱくして言ってるとおり、アオリは「根」です。
水底に岩だとか海藻だとか、何だかの根があるところにアオリはキッチリと付いてます。
これはシーバスやらバスやらのいわゆる「居付き」とはちょっと意味合いが違うんだけど、アオリも漫然と何も無いところにふらふら浮いてるわけでなく、身を寄せれる何かに確実に付いてる。これはベイトとなる小魚も同じ。

ただ今回のエリアは、肝心な「根」が非常にチープ。砂地だけが延々と続くイメージです
逆にそんなベリーチープなフィールドだからこそ、ちょっとした「根」がとても重要になってくる。
例えばこんなやつ ↓

003
カンナが拾ってきた「海藻」。
ほぼ何も無い砂地の中で、ちょっとでもこんな海藻が生えてるところを見つければチャンス
そんなところには確実にアオリが付いてます。

そして最後が「流れ」。
今自分が立っているフィールドはどんな方向へどのように潮が動いているのかをしっかりと把握しておくことで、ベイトとなる小魚の全体的な動きや、エギを流すライン取りも頭の中でイメージしやすい。
これは、エギを一回でも通せば流れの方向とか早さが分かると思うんだけど、今回のフィールドはバッチリと綺麗な「潮目」が立ってたので容易に把握可能

潮目といえば、相対する流れがぶつかり合うところになるわけだから、当然潮に乗せられた小魚たちも強制的に集められてしまうところでもある。
となれば、それを狙うアオリも集まるのは至極自然なことで、そこを狙わずしてどうするかって話ですよ

それらを踏まえて、ちょんちょんシャクリで潮目を引いてくることからスタートするんだけど、その周囲に海藻の生えてる「根」を探しながらサーチすることを忘れずにエギを引いていきます。
で、潮目付近でいい根のあるところを見つけたら、そこを集中攻撃
これを繰り返すだけで ↓

001
手早く無駄なく効率的に釣れる
まあこれ全部僕が釣ったわけじゃないけど(うち3杯は他メンバー)、誰一人アングラーの居ない不人気スポットでこれだけ釣れれば大満足

エギを底にも落とさず、強シャクリすら入れずでもちゃーんと釣れる。
何でもテレビでやってることが正解ってわけではないんです。

そのエリアの特徴に合わせた釣り方を、自分で考えて見付けるってことがとても大事
それでいうなら僕のエギングタックルなんてのもまた異質。
まずは「ロッド」を見て頂きたい。↓

006
ご存知「クロステージ」ですが、
注意すべきは「ハードロックゲーム用」という点。
ハードロックっていったら、岩礁帯にいるデカい根魚釣るためのゲーム用ってことになるんだけど、そのスペックはというと ↓

007
まず長さが7.3フィート。
一般的なエギングロッドより1フィートほど短い
さらにはアクション。これが「ファースト」ですよ。

普通のエギングロッドなら、エギを力強くダートさせれるように胴調子の「レギュラーファースト」になってるのが一般的なはず。

そして極めつけはロッドの説明文。これは読んでみてくれたら分かる。
まるでエギ関係ないどころか、真逆に位置するような「ジグヘッド」なんてことが書いてある(笑)
じゃ、なんでこんなロッド使ってんの?ってことだけど、答えはもちろん
この釣りに合ってるし、使いやすいから
湾内や堤防、テトラ周りで秋イカ釣るなら俄然こんなロッドの方が向いてる。

秋イカといえば、キロアップなんてイカを狙ってるわけでもないのでロッドパワーはいらないし、堤防周りや港内を打つのであれば遠投性能もいらない=ショートロッドでいい。
ショートロッドにする利点がもう1つ。
「キャストアキュラシー」。
藻などのシモリを見つけたら、そこを一点集中攻撃するのが僕の釣り方なんで、見つけたところに確実にキャストできることが何よりも重要なわけ。
そういった「キャスト精度」を高めるためにはなんといってもショートロッドが有効になってくる。

さらには、テレビのような鬼シャクリも一切しないうえに、アクションは「チョンチョントゥイッチ」であれば、調子もファーストがベスト。レギュラーファーストなんて使いにく過ぎ。
こういう、釣り場や釣り方に合ったタックル設定こそ重要と思うわけです。
エギングだからエギングロッドなんてのは全然意味がない。
もう1つ見てもらいたいのが僕がエギングで使ってるライン。↓

005
フロロってwww しかも6lbってwww
でもね、エギングにはPEを使え!なんてルールは全くない。
大体PEはそもそもエギが跳ね上がりすぎて使いにくい。僕みたいにゆる~く持ち上げるようなシャクリ方で、チョンチョントゥイッチするなら適度に伸びるフロロの方が使いやすいに決まってる。
まあ飛距離こそ出ないにしても、そもそも飛距離はいらない釣り場なんで全然OK
そしてもう1つ見てもらいたいのが僕の使ってるエギ。↓

008
同一のエギ+同色ばっかり(笑)
これもテレビでは「澄み潮ならこのカラーで~」とか「常夜灯付近ならこのカラーで~」なんて言ってるけど、結局色んなカラーを試した結果、
夜釣りなら、潮も明かりもその他どんな要素があったところで、色による釣れ方に差は無い。
だったらもう何でもいいじゃんってことになって、エギングを始めた頃によく使っていた基本カラーである「ピンク」と「オレンジ」だけを使うことになったってわけ
ちなみにテープは全部「虹」。これも特に深い意味はない(笑)

ただ、同メーカー揃えは意味あり。
僕のようなゆる~いシャクリ方をする釣り方の場合は、エギもあまりダートしてくれないものが理想
となると、シャクリが軽くて跳ねるようなダートをするアオリーQ系よりも、ヌメリと動くヤマシタのエギ王Qの方が合ってる。
そんなわけで、僕はどんなところでもエギ王Qのベーシックタイプだけを使っています。

ちょっと長くなっちゃったけど、言いたかったのは「なんでもメディアの言ってることが正しい」ということではないよってこと。
この釣りにはこれじゃないとダメとか全然ない。
自分の釣り方に合ったタックル、フィールドに合わせたタックルセットを組むことが、一番釣りやすく高釣果につながるんじゃないかなと思ったところで、今日はおひらきです
おわり

晩秋の淡路島西岸でアオリイカに挑む!

アオリと言えば淡路島
エギングがここまで流行る前は間違いなくそうだった。(遠い目)
大阪から車でわずか1~2時間で行ける利便性と、豊富な釣り場、そしてなんといっても
「アオリがよく釣れる」という、まさにエギングの聖地といっても過言ではなかった淡路島。
僕らはおよそ「エギング」という言葉が雑誌なんかに出始めた頃くらいからアオリをやってる
ベテラン組(←腕前のことではない)なわけだけど、当時はわりと誰でもイージーに釣れる
イメージだったのを覚えてる。

その頃は売ってるエギにしたって、ヤマシタかヨーヅリのものくらいしかなくて、種類も
ベーシックタイプのみ、サイズも号数にして3種類程度しかなかった時代だったけど、
それでもエギ投げてチョンチョンしてればパラパラ釣れるのがアオリイカ釣りだったと思う。
少なくとも今ほど厳しい感じではなかった。
その、「わりとイージーに釣れる」という認識が世間に広がり、食べても美味いということも
手伝って、初心者からベテランアングラーまで急激にエギンガーが増えた結果、フィールドは
荒れに荒れてしまい、さらにはこんな事態にも発展。↓

2c467efc
「アオリイカ捕獲規制」、通称 リリース規定ってやつです。
淡路島全域でこんな規制まで出る始末・・・

このリリース規制ってやつは、要約すると
・ 9月いっぱいまでに釣ったアオリは「全部」リリースしろ。
・ それ以外の期間でも胴長が15cm未満のアオリは全部リリースしろ。

という内容。もちろん漁協管理の立派な「規制」です。
理由としては、9月いっぱいまではアオリの産卵期だから釣らないでくれってことと、
エギンガーのせいでアオリの漁獲高がガタ落ちだから小さいアオリは釣るなということらしい。

これ、実に賛否両論がある件なんだけど、個人的にはちょっと腑に落ちない点が多い。
そもそも、釣り人が釣る程度の量でそこまで漁獲高全体に影響があるのか?とか、
なぜ9月いっぱいまでという制限なのか?とか、そもそも9月は産卵期に絡んでいるのか?
同じ淡路なのに南淡路は9/20まで、その他は9/30まで規制という食い違いの不可解さ
などなど、 話し出したらキリがないほど多くの「?」があるんだけど、これはあくまでも僕個人
が感じたことの話なんで、僕の方からあーだこうだ言う話ではない。
興味がある人は一度いろいろと調べてみるといいかも。

で、話は戻してこの「9月いっぱいまでは全部リリースしろ」ってとこが実に痛い。
秋のアオリで一番釣れる&釣りやすいのは、
間違いなく「9月」。

僕らはこのリリース規制が敷かれる前から淡路でアオリをやってたので間違いない。
サイズこそ15cmという壁をクリアできるかできないかくらいのものが多いのも事実ながら、
スレも浅くて数も釣れるし、なんせ北風が吹く前だから釣りやすい。(=釣りがしやすい)
これが10月ともなると、スレも酷くてさらには強い北風が入ってくるんで非常に釣りづらい。
こんな時期から淡路島のアオリ釣りは解禁になるので、そりゃー釣果もお察しってことです。

そんなわけで、ここ最近は淡路に見切りをつけ、秋アオリは日本海へと出かけていたわけだけど
その日本海でも2年連続の惨敗ぶり
どこへ行ってもエギンガーだらけ&スレっぷりも半端ないわけで、もうこうなると10月の淡路
だろうと どこであろうと結果は一緒だろと思うのが釣り人の常。
ってことで、超久々に淡路エギングへと行って来ました

行って来たのは前月10月中旬。
今年は暖かい日が多かったため、10月中旬とはいえそこまで寒くないという、例年と比べて
絶好の晩秋エギングシーズン
今回は、ほんの1日前に急遽淡路に行くことが決まったんで、釣り場とかのリサーチは
全て淡路島出身の油谷氏におまかせ これが吉と出るか凶と出るか・・・
で、その油谷氏に連れてきてもらったのがこんなところ ↓

100
足場の良いテトラが並んだ淡路島西岸
奥に写っているのがピザ、手前が油谷、写真撮ってるのが僕ってことで、お分かりだろうか?
夕間詰めという絶好の時間にエントリーしたにもかかわらず、
僕ら3人でフィールドを独占しているという事実を(ニヤリ

3連休最後の休日だというのに、他のアングラーが誰もいないなんて超ラッキー
エギング解禁後の最盛期でフィールド独占とか、こんなチャンス二度とないやろーと言わんばかり
の完璧なシチュエーション こんなん釣れたも同然やろ・・・と、思った直後にふと我に返る。
「いや、この時期に誰もいないのはおかしい。」

アオリ釣りってのは気が利いたもんで、釣れてるかどうかは「墨跡」を見れば分かるわけです。
釣れている場所にはバッチリと「墨跡」が残っているんで、それを釣り場の目安にすればいい。
ってなわけで、淡路島出身の油谷氏がイチオシするこちらのフィールドをチェックしてみると ↓

005
堤防上真っサラピンwww
墨跡ゼロの洗浄力www

いやいや、いくらなんでもこの時期に「墨跡ゼロ」とかありえないって
せめて墨の「染み」くらいあってもいいのに、その染みすらないとか(唖然)

でもちょっと待って。この堤防脇にはテトラがあるから、そこに墨跡がビッシリあるんやろ?
と思い、期待を胸にテトラ上を見てみると ↓

004
あら~こちらも驚異の洗浄力
ご覧下さい!見事、墨跡ゼロwww

・・・って、そりゃ俺らだけでこの堤防を独占出来るわけですよ。。
さすがに秋アオリ最盛期で墨跡が一切無い場所なんておかしいもん

そんなわけで、場所のリサーチを油谷君に任せてしまったことを心から後悔しつつ、
テンション駄々下がり状態のまま釣行スタート
ちなみにこのフィールド、墨跡はゼロながらも見た目のシチュエーションとしては悪くない。↓

001
こんな感じの岩場もありで、パッと見の雰囲気は◎。
ちなみに油谷君のおすすめエリアが、この岩場すぐ横の堤防付け根部分。
さらにこの日は長潮だったにも関わらず終始適度に潮が効いてるし、水質だって悪くない。↓

002
こりゃ、もしかしたら超穴場なんじゃないか?という淡い期待を込めての第一投

キャスト音 「シュッ!」
エギ 「・・・1秒・・・2秒・・・3びょ・・・(着底)」

って、え?着底までわずか3カウントほどなんですけど・・・(困惑)
見た目一級ポイントながら、エギンガーが全くいない理由がなんとなく分かった。
堤防根元周辺だと、足下から20~30m先でもせいぜい水深1m程度。
あまりにも水深が浅い。
しかも、エギ引いてみた感じ延々とフラットな砂底で、藻や岩なんていう「根」がほとんど無い。
これではさすがに釣れる気がしない

そんなわけで、油谷君おすすめの堤防付け根エリアを早々に見切って、堤防中腹へと移動。
ここまでくると、キャスト先で水深が2mあるなしとやや深くなり、
さらにいい感じで藻場が点在していることが判明。
加えて、その藻場に沿うような形でゆるやかな潮目が常時出ているのが見て取れる。
なんとなく釣れそうなイメージがわいてきたところで、しばらく集中して打ってみると ↓

006
釣wwれwwたwwしww
ちなみにこの1杯が釣れたのは、まだ日がギリギリある夕間詰めタイム。
僕はデイゲームなどの日が少しでもある時間帯だと、写真に写ってる「アジ金」という
カラーのエギを好んで使うんだけど、このエギのカラーについては、以前考察したことが
あるので、ご興味がある方はこちらをどうぞ ↓
記事はこちら→ 泉南エギング第3戦&エギの色のお話

釣れたのはやはり「藻場」周辺。
何度も言うけど、アオリは「根」です。

根があるところにアオリは付いてる。これは間違いない。
その根に加えて潮目だったりミオ筋だったりといったような、プラスαの要素があれば完璧
そこで粘る価値は十分あります。
その点でいうと、この場所は藻場+潮目という条件が重なった場所だったんで、
そのまま移動せずにしばらく打ち続けていくと ↓

007
2杯目

008
こいつはデカい!3杯目 

009
さらに追加で4杯目 

010
最後にもう1杯、本日最大サイズの5杯目 
という、同じ場所&1時間ちょっとで結構いいサイズのアオリ5杯をGET 
うち2本は胴長20cmをゆうに超えるナイスサイズでした^^

エギンガーゼロ+墨跡ゼロなんていう超不人気エリアでもやってみるもんですね 
逆にそんな場所の方が、プレッシャーも低くて良型が釣りやすいのかもしれない。
バス釣りもそうだけど、イカ釣りも一番の大敵は
なんといっても「プレッシャー」。

必ずしも人気のあるフィールドが良く釣れるというわけではないことを再確認したことと、
己のプレッシャーに負けた二人(ピザ&油谷)は坊主だったことを付け添えたところで
本日はおひらきです
おわり
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです








過去の記事
ブログ内検索
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ