SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

タコ釣り

二兎を追う者は二兎を得る!?たっぷりエギ三昧でタコ&イカ!!


釣り人
やなかつ、会長、よしも、ピザ、坊主
釣 果
記事の最後で。お楽しみに
場 所
貝塚人工島、泉南某所
HITルアー & 色
タコエギ (ヤマシタ&DUEL)、エギ(アオリーQ、エギ王Q)
一言コメント
ついに今期タコ釣りファイナル!
ついでにイカまで釣っちゃおうって魂胆だが果たして結果は!?


釣行コメント  

001

あぁ~♪ 夏~やすみぃ~♪ (曲:TUBE)
なんてな音楽がジェットスキーから流れてやんのwww
しかも爆音で
今のジェットスキーってオーディオも付いてんのね。。

いわゆる金持ちリア充の方々は写真のように可愛いおねえちゃん達とジェットスキー
やらボート遊びやらをして夏を満喫するわけです。
一方、その真逆の位置に存在する僕たち貧乏人たちの夏はというと ↓

003

なんとも哀愁漂うこの御姿(笑)
はいはいそうですよ、釣りですよ釣り。首にタオル巻いて釣りですよ。


ジェットスキーとこの立ち位置との距離はたったの10m程度しかないんだけど
心理的距離は無限大・・・。
この手すりを境に超えられない壁が存在している。


釣りもジェットもお互いやってることは違うけど、共通してるのは
自分の好きなことをして楽しんでいるってこと。
なのになんでこんなに敗北感があるんだろうと常々思う(涙)

そんな悲しいお話はおいておいて、感のいい方にはもうお分かりかとは思いますが
またまた行ってきましたよ、貝塚人工島!!

今日は今年最後のタコ釣りイベントということで、前回好調だったこともあり
有終の美を飾るべく貝塚人工島でのタコ釣りファイナル戦です。

しかも今回はもう1つ「この夏真っ盛りにイカは釣れるのか?」調査もしてきたよ。
タコ&イカの二兎を追うたっぷりエギ三昧コースw

果たして二兎を追う者が二兎を得ることができるか!?乞うご期待!
さて、まずは現場の様子から ↓

003

004

こんな感じでほぼ完全に貸し切り状態www
なんで釣り人いないの??

そりゃーこの暑さでは無理もない。

002
--------------------------------------

なにもちょうどこの日に限って記録的猛暑日にならなくてもいいんじゃないかと思うんだけど、
こういうのって不思議と重なるもんなのよね。

僕らは日の傾きかけた4時頃から釣りをスタートしたんだけど
車の外気温計見たらなんと「39℃」ですよ・・・。
しかも無風。

もうね、死んじゃうんじゃないかってくらい暑かった。

そんな中、メンバー4人は頑張ってタコ釣りをするわけだけど、なんとなく前回と様子が違う。
なんか春雨みたいな海草が鬼のように生えてんの・・・。
その春雨がちょうどこの石の隙間部分に生えてる。 ↓

004
※写真は前回行ったときのものです。

これ、かなりまずいでしょ。
石の隙間こそがタコの居場所なのに、そこを狙ったかのように春雨が生えてるわけ。
これじゃタコの居場所がなくなっちゃうじゃんなんて悪い予想をしていたら案の定反応が悪い。
1投1春雨でとにかく「海草釣り」の形相・・・。

投げる→何かに引っかかる→タコと期待して巻き上げる→春雨GET
延々とこのループ。前回行った時にはこんなの全く生えてなかったのにたった2週間で
こんなにも状況が変わるとは。自然相手って難しいもんです。

でもね、まあ居ないことはないわけでしばらく頑張ってみればこの通り ↓

005

まあまあのサイズ。
この1本とるまでに実に1時間以上かかっちゃったよ・・・orz
その後もこんな感じで似たようなサイズを追加 ↓

006
 
以上、2本です!(キリッ
もうね、とにかく暑くてこれ以上頑張ろうって気になれないのもある。
 
ここまででおよそ2時間程度なんだけど、今回はもう1つの目的があるんでこれにてタコ釣りは終了~。
タコ釣りファイナルにしてこの体たらくですよwww

さてもう1つの目的とは何かって?
冒頭に書いたとおり「イカ釣り」ですよイカ!

今年はこんな夏真っ盛りの時期に、もう みさき公園方面ではアオリが上がってるらしい(驚)
そうなりゃもうこのビッグウエーブに乗るしかないでしょってことで、ちょっくら車で移動して
泉南某所にてエギング開始!
時間もちょうど夕間詰めだったので条件はバッチリだけど、本当に釣れるんかいな?
と思っていた矢先、開始早々まさかのピザがアオリをGET!! ↓

008

マジで釣れたしwwwww
いや~いるんだね~アオリ!!やってみるもんです。

サイズはまだまだ10cm前後の新子だけど、そりゃこの時期ならこんなもんだわね。
居ると分かれば話は別。一気にテンションも上がってまじめにしゃくってみる。
そうすると僕にもついに!! ↓

007

マジアオリキターーーーーーー!!!!
ってこれまたちっちぇーなーおい(笑)

でもね、今日はイカが釣れたってことが何よりも大事。
僕たちはいつもアオリを釣りに淡路まで行ってたんだけど、昨年から淡路のアオリイカ
捕獲規制なるものができちゃったんです。 ↓

リリース規制

これまでも南あわじ市ではこんな感じの規制があったんだけど、昨年度より
淡路全域に規制拡大。規制を要約すると

(1) 9月末まではアオリの産卵期だからリリースしろ
(2) 15cm未満のアオリはリリースしろ


っていう2件。まあ「釣ってはいけません」とは一言も書いてはいないんだけどね、こういう
ことが決められている以上やはり心境として堂々とエギングできないでしょ。
しかもエギングするにあたって一番釣りやすい9月が禁漁ってのが一番痛い・・・。
10月に入っちゃうと北風ぴゅーぴゅー吹きだして釣りにくいし。

そんなわけで淡路以外で新たにイカが釣れるところを探してたわけなんです。
そこで今回、泉南方面でイカが釣れる場所を見つけることができたというのは、今後の
僕たちのイカ釣りライフにおいてとても大事な発見だということ。
だから今回はサイズや数うんぬんではなく 「イカが釣れた」 ということで結果オーライ!
二兎を追う者が二兎を得ることができました^^ 全員の結果はこちら ↓

009

相変わらずしょっぺーんだよwww
アオリは2匹とも新子も新子サイズだったんでリリースしようと思ったんだけど、
ピザが釣った方はデッド寸前だったので仕方なくキープすることとしました。
久しぶりのアオリの御姿がこれ ↓

010

やっぱこれだよこれ!
アングラーを狂わすこの魅力っていうの?やっぱエギングは楽しいよね^^

そして今日はもう1つ嬉しいご報告がありました!
この日、メンバーの昌兵氏に第一子が誕生しました
 
(昌兵氏 ↓)

008

昌兵、出産祝いの鯛は俺たちが調達してやるから安心汁!
ちょっと体色が黒くなっちゃうかもしれないけどねw(キビレ 
おめでとー!!


おわり 

まーた行っちゃったんだぜタコエギングin貝塚人工島!


釣り人
やなかつ、会長、よしも、ピザ、パンティー
釣 果
記事の最後で。お楽しみに
場 所
貝塚人工島・水路側
HITルアー & 色
タコエギ (ヤマシタ&DUEL)、タコジグ(投げジグ)
一言コメント
サイズが一段とアップ!!これくらいだと引き味がとても心地イイね!


釣行コメント  

このところ何かと忙しくてなかなか記事の更新ができず本当に無念なんですが、
我がSBPの皆さんは通常通りの釣行を日々繰り返してるわけで
実は記事が結構溜まっております。 

けっこうドラマチックな釣果もあったりするんだけど、時間を見つけて少しずつご紹介したい
と思いますんでよろしくですm(_ _)m

さて、これまた2週間ぶりの更新となってしまいましたがまーた懲りない連中と
行ってきましたよ タコ釣り in 貝塚人工島!
今回は僕も参加したので現場の様子なども含めより詳しくお伝えできるかと思います☆

ではもう早速現場の様子から↓

001

002

こんな感じ。
今回も前回と同じく貝塚人工島水路側での釣行です。


手前に手すりみたいなものがあって若干釣りにくいのかな~なんて思ってたんだけどね、
これが実は非常に便利!スタートこそ立ってキャストしてたんだけど、時間が経つにつれ
自然とこうなる ↓

003

完全座りキャスティングwwww

でもね、座っちゃうとなればこの手すりは非常に有効!なんせ太くて座りやすい(笑)
歩いてポイント移動→座って数キャスト→また移動→座って・・・のループ釣法w

ただ、注目すべきはその「手すり」ではなくって、
岸壁から斜めに伸びている「石畳」!

上の写真をよーく見て欲しいんだけど、こんな感じで水中3~4mくらい先までこの石畳が
伸びてるわけ。上から見るとこんな感じ ↓

004

実はこの石畳こそがここ貝塚人工島・水路での最大のポイント!

ちょうど石の隙間っていうの?この穴みたいな部分にタコが入って身を潜めてるってイメージ。
つまり、狙うのは沖目ではなくこの石畳を中心に攻めていくのがセオリー☆

この石畳を舐めるようにタコエギを通していくってのが、ここ貝塚人工島でのタコ釣りのポイント
となってくるわけです。
沖目はどうなの?っていうと、エギを引いた感じからしてもほとんど根掛かることもなくスーっと
引いてこれることと、キスなんかも釣れちゃうことからみてほぼ何もない砂地みたいな感じだと
思う。たまーに海草が点在してる感じ。

そうなってくると自ずとタコのポイントも絞られてくるわけで、やはりこの変化のある石畳を狙う
のが最善の策と判断!
特にタコが大好きなこの「石の隙間」ってのがいいよね。

というわけで、あっという間に現場サーチを終え、沖目を捨てて一気に石畳をエギで舐め回す
作戦に決定!
さて、この作戦が吉と出るか凶とでるか??
果たして結果は・・・、まあ各メンバーの様子をご覧になって見て下さい

あ、ちなみに今回僕が使ったタコエギのご紹介からどうぞ ↓

006

まずはこれ、DUELの「タコやん」。サイズは2.5号(30g)です。

これ、僕が大絶賛してるタコエギなんです。本当にこれは良くできてると思う。
なによりも使ってて楽しいし、これ1つで底の状況まで分かるっていう優れもの!

ただ値段がちょっとお高いんで、なかなかここぞ!って時にしか使わないかも。
やっぱこの釣りは根掛かり必至なんでどうしてもそうなる。

そしてもう1つがこちら ↓

008

ヤマシタの「タコもエギ好きやねん」。これも2.5号です。

これが最近300円弱で投げ売りされてるわけ。もうね、一気に買い置きしておきましたw
300円なら根掛かり連発でも精神的ショックは小さい(笑)

ただこいつはタコやんと違って非常に軽い。
たったの10g・・・。

これ、底を舐めるタコ釣りでは最大の弱点。
飛ばないし着底が遅いし、しかも障害物にぶつかるとピョンと跳ね上がってしまう。
それではもはや全く釣りにならないので自分なりに改造してあります。

まずはエギのシンカー部分に注目!
ここにドリルでちょっと穴を開けて、スプリットリングを使ってナス形オモリ=4号を装着する。
そうすると、エギ10g+オモリ20gで合計30gになるって寸法。

このオモリの取り付け位置もこれまたポイントで、よく5連サルカン+ナスオモリをダウン
ショットリグみたいにして重さを増す方法が紹介されているけど、これではエギ本体が
自由に動き過ぎちゃって右に左にとエギがガンガン跳ねまくる。

それを最小限に抑えて底を舐めるようにトレースしたいならこの
「ドリル&ナスオモリ」がベスト!
一番エギ本体の安定している重心(=シンカーの位置)に更にオモリを加えることに
よって不自然な感じをなくして重さを増すことができるんです。

使用感はほぼ全く「タコやん」と同じ☆
綺麗~に底をトレースしてくれますんでおすすめでっせw

さらにもう1つ大事なチューンがあります。
それはこれ ↓

007

これ、タコやんの背中を写した写真だけど、
なんか変なやつが乗ってるでしょ?

これ、タコベイトっていうゴムのおもちゃみたいなのを半分に切って背中に乗っけてる
んだけど、これがあるとないとでは釣果が俄然違う。これはもう断言していいレベル。

このタコベイトがゆらゆらゆれてタコにアピールするって理屈らしいけど、最初はそんなん
関係あるんか?みたいに思っていた頃が僕にもありましたよましたよ。ええ。

でもね、乗っけると乗っけないとでは
明らかに反応が違う。

これは僕が2年タコエギやってきて実証&体感済みなんで是非やってみて!

さて、まーた前置きが長くなっちゃったけど各メンバーの様子をどうぞ。

まずは会長から ↓

009

意外とデカイwww
ここ貝塚のタコは意外とグッドサイズも混じって面白いんです☆

ベイトは間違いなく「カニ」。石畳にたくさんのカニがいたのでそれを食べていると思う。
カニ食ってるやつは成長が早いんかな??いい引き心地を楽しませてくれました!

ただ、やっぱこの人はいつも絶対こんなのを釣る ↓

010

カwwwキwww なんでだよ(笑)
そして気が付けば会長お得意サイズもしっかりと ↓

011

 ちっちぇーなおい(笑)

お次はよしも氏 ↓

012

これまたデカイ!グッドサイズ!
ちょっと分かりにくいけど、実際の大きさはこんな感じ ↓

013

ね?大きいでしょ?
ここ貝塚人工島はこんなサイズが意外とあっさり釣れる感じでした。
これくらいになると引き心地がたまらなくイイ!

そしてお次は最近タコ絶好調の自称「タコ師」ことピザ ↓

014

こいつだけ「タコエギ」じゃなくて「投げジグ」を使用。
まわりもほとんどの人がこういった投げジグを使ってました。
まあ安いし釣れるし、いいリグだとは思うんだけどね、やっぱそのゲーム性ってやつ
を求める僕としてはちょっといただけないリグでもある。

ルアーで釣る「楽しみ」ってのを重要視するならやっぱエギの方が断然面白いと思う。
操作感やアタリの出方なんかが面白い。

さらにお次はこの方 ↓

015

N・BOXフェラーリことパンティー油谷氏!
最近だんだんと名前が長くなってきてる(笑)

そしてこのタコもまたデカイ!!

016

↑ こんな感じのグッドサイズ!

でも、このN・BOXフェラーリことパンティー油谷、見た目に反して意外にも臆病で
タコ触るの超ビビッてんの!
「ひやぁ・・っ・・」とか変な声出しながら嫌々触らせて撮った写真がこれですよw

そして最後は僕 ↓

017

じゃじゃ~んとどうですかこのサイズ!!
デっカイもーんwwww


こいつが本日のMAXとなったわけだけど、これ以外にもこんな感じで ↓

018

019

020

新子とは言えない程度のまずまずサイズが飽きない程度に釣れる!

この日の僕は、結果として約4時間程度で10本ちょっと釣ったけど、まあまあコンスタントに
釣れるというイメージでした。
ただ絶対にチャンスタイムみたいなのがあって、急にポンポン釣れだす時間があるので、
もし周りが急に釣れだしたら集中してやってみたほうがいいかも。

ただこの場所、結構ボートの往来が激しいわけ ↓

005

こんな感じで目の前をガンガンボートが走る走る!
そうなるともうね、水面がザッパンザッパンしちゃってどうにも釣りにならないこともしばしば。
でも、日が落ちてからはめっきりボートも減るから夜釣りの方が効率いいかもね。

そんなわけでこの日の釣果はこちら ↓

021

うん、これまたコメントしづらい感じの釣果になっちゃったけど、なんといっても
今回はサイズがいいやつが多いってのが収穫!

実際釣り上げたの以外にも、やり取り中に落としたタコも多数あったから本当に面白かった。
しかしやっぱ今年のタコは違うね~。まさにアタリ年ですわw

これからサイズもどんどん良くなっていくし、まだジグやエギでタコ釣ったこと無いって
人がいたら今年こそデビューの大チャンスでっせ!

おわり
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです








過去の記事
ブログ内検索
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ