SUPER BORA POWERS

大阪湾奥のルアーフィッシングチーム

→ タックル・ルアー

「スピンキャストリール」というリールのお話

本日は久しぶりにタックルのお話。
お題はタイトルにある通り「スピンキャストリール」についてです
・・・っていわれても、そもそもスピンキャストリールって何?って人がほとんどかと思う。
僕だってもし子供がいなかったら、こんなリールに出会うことすらなかった。
じゃ一体何なのよそれ?って方、まずはその正体をじっくりとご覧下さい。↓

001
これが「スピンキャストリール」。
一見すると、レバーブレーキが付いたスピニングリールのような感じだけど、スプールもベールも無いところが明らかにおかしい
しかしこれ、歴としたリールの一種で、なんのことなく実釣で普通に使うことができます。
その証拠がこちら ↓

000
前回行った芥川マス釣り場での一コマ。
見事デカマスを釣った息子(小1)の使っているリールに注目して頂きたい
なんと!スピンキャストリールが付いてる

そうなんです。実際に我が息子は、いつもこのリールを使って釣りをしてるんです。
それはなぜか?答えは至極明快
「初心者でもトラブルなく簡単に扱うことができるから」。

もし釣りをしたことない人とかと一緒に釣りに行った時を想像してみてもらいたい。
釣りをするにあたって、どんな人でも最初にブチあたる壁が「キャスト」。
これはスピニングでもベイトでもそうなんだけど、まず「普通に投げる」ということがすごく難しいわけ。

例えばスピニングだとキャスト時の指抜きだったり、ベイトだとサミングだったりというのが初心者には本当に難しくて、特に小さい子供なんか何度説明してもなかなか分かってもらえないでしょ?
「ラインの垂らしはこれぐらいの長さで、ラインローラーを上にしてラインを人差し指で拾って、握ったままロッドを後ろに引いて、投げるときに指を離す。」とか言われてもね、釣りしたことない人からすれば完全に何言ってんだこいつ?状態ですよ

じゃこのスピンキャストリールだとどうか?
いいですか?このリールでの「キャスト方法」ってのをよーくご覧下さい。↓

002
① レバーを上に引いてロッドを後ろに振りかぶる

003
②  投げる瞬間にレバーを下げる(=離す)
以上です。
たったこれだけで普通にキャストできます(マジデ!?

ちなみにキャスト後の動作もこれまたすごい 
ルアーが着水したらベールを返すとか一切無しで
「ハンドルをそのまま巻くだけ」(笑)

さらに、さらにでっせ!?、スピニングリールに付きもののライントラブルだってほぼ起きないという超絶驚きのリール、それが「スピンキャストリール」なんです

どうですか皆さん、マジでこれちょっと凄くね?
ということで、今回はこのリールを詳しくご紹介しようと思います

001
正式名称はダイワの「アンダースピン 80」っていいます。
簡単なスペックはというと
  • ナイロン糸巻量(lb-m):6-95/8-70/10-50 、 付属糸:6lb-95m
  • 自重:250g
  • 巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):56cm
  • ギア比:4.3
  • 実売価格:約3000円ちょっと
といった感じ。

3000円ちょっとで買えるところが初心者にも嬉しいところで、気になる自重もそれほど重くなく、糸巻き量も必要十分。思いの外、ごく普通のリールといってもいいのではないかと思います。
構造的なものを見てみると ↓

004
リール尻についたこのつまみが「ドラグノブ」。
普通のスピニングリールなら、スプール先端に付いているはずのドラグノブがこんなところに付いてる。
ちなみにドラグ力は「5kg」。これまた意外にも必要十分といったところ。

005
そしてこれがクラッチ切り替えレバー。
安価なリールだからといって、ハンドルが一方向にしか回らないといった心配もなし。
ハンドルだって、もちろん左右どちら側にも付け替えることができます

と、ここまでは構造的に何ら欠点らしきものが見当たらない模様。
じゃ何が普通のリールと大きく違うのよ?というとズバリこの部分 ↓

006
スプール&ベール周辺。これが明らかに異質。
まずラインが巻いてあるはずの「スプール」がカバーで覆い隠されていて見えない。
さらに、糸を巻き取るのに必要不可欠な「ベール」が存在しない
なんとも謎多き構造なのは確かですね。

では、どうやってラインを巻き取ったり、キャストしたりするのか?
これを詳しく見てみようと思います。
まずはこの周辺の構造から。↓

007

008
赤いカバー(写真上)を外した状態がこちら。
銀色の「タライ」みたいなやつと、糸が巻いてある部分があります。
それともう1つ大事なパーツがこれ ↓

009
タライから飛び出ている「ピン」のようなもの。
大まかに言うと、これら3つの部品によってラインを巻き取ることができるんです
スピニングリールの部品と置き換えてみると
  • 銀色の「タライ」みたいな部分=ベール
  • 糸が巻いてある部分=スプール
  • タライから飛び出している「ピン」=ラインローラー
といった具合
その仕組みを簡単に図解するとこうなる。↓

013
青色の線が「ライン」、黄色の線が最初に取り外した「赤いカバー」です。
動作原理はというと
  1. ハンドルを回すと「ピン」が飛び出てくる
  2. 〃 を回すと「タライ」の部分がベールのように回転する
  3. 赤いカバーとタライとの狭い隙間を通っている「ライン」がピンに引っかかる
  4. ピンに引っかかったラインをスプールに巻いていく
といった感じ。
ざっくり言うと、タライがベールのようにくるくる回って、そのタライに付いているピンがラインを引っかけて巻き取るってイメージ。
かなり大作りなシステムだけど、非常に合理的でもある
じゃ、キャストするときはどうなるの?ってことなんだけど、これまた実に合理的。↓

002

010
まずポイントとなるのは先程の「ピン」。
これが、レバーを引くと同時にタライの奥へと引っ込むわけ。
となると、ラインが引っかかる部分である「ピン」の存在がなくなる。

012
このレバーを引いた状態が、スピニングリールでいうなら
「ベールを開けてラインを指で拾っている状態」。

つまり、このままロッドを振りかぶってラインを指抜きすれば、キャストできるよ!って状態。

ここからは写真を見ながらイメージして欲しいんだけど、この時(=レバーを引いたとき)は、ピンが奥に引っ込むのと同時に、タライの部分が前に動くのね。
で、タライが前に動くと、外側を覆っている赤いカバーにタライが接触することになる。
これによってタライと赤いカバーに「ライン」がギュッと挟まれる → ラインを指で拾っているのと同じ状態になる。
っていう原理。
このままロッドを振りかぶってキャストすると同時に、レバーを離せば ↓

011
タライが元の位置に引っ込み、赤いカバーとの隙間ができる。
「この隙間からラインが放出される=キャストできる」という原理
以上を踏まえて、一連の動作をまとめてみると ↓

012
① キャストする時はレバーを引く。
 (=ラインを指で拾っている状態)


011
② ロッドを振りかぶり、キャストと同時にレバーを離す。
 (=ラインを指抜きした状態)


013
③ ルアーが着水したらそのままハンドルを回す。
 (引っ込んでいたピンが飛び出してラインを巻き取る)

文章にするとなんとも難しいんだけど、構造は実にシンプルで合理的だということをお分かり頂けたでしょうか?

この一連の動作のポイントといえば
「レバーを引いて投げる→ハンドルを巻く」だけでOK
この1点に尽きる

それ以外には何もしなくていいわけで、難しい指抜きもベールの開け閉めも一切不要。
これで全てが完結するのだから、釣りの初心者さんはもちろん、初めてキャストする人でも難なく扱うことができる。
それが「スピンキャストリール」なんです
さらにもう1点、ここにも注目してもらいたい。↓

011
ラインが放出される際の通り道である「狭い隙間」に注目。
この狭さこそがもう1つのポイントで、狭さ故に「糸ふけ」が発生しにくいわけですよ
糸ふけっていうと、ラインがボワっと出ちゃうやつね。
これがライントラブルの根源であるのは言うまでもないことなんだけど、こいつが構造的に発生しにくいということは、
ライントラブルも少ないということになるわけ。
というか、使った感じでは普通のスピニングより断然トラブルが少ない
扱いやすい上にトラブルも無いとくればもう言うことなし
どんな高価なリールよりも素晴らしいリールといっていい


だったらもう世の中のリールはこれだけでいいじゃん!って思うところなんだけど、やはりメリット相応のデメリットというものがあるわけですよ。
ざっとまとめてみると ↓
  • 飛距離が出ない
  • ナイロンラインしか使えない
  • 多少ウエイトのあるリグでないと使えない
  • 巻き取りパワーがない
こんな感じ。
全て構造上からくるデメリットなんだけど、まず飛距離については普通の
スピニングとは比べものにならないほど飛ばない
そりゃキャストの際、ラインがいろんな部品にあたりながら狭い隙間を抜けていくから当然と言えば当然でもあるけど、せいぜい20mも飛べば御の字といったところ。

さらに、使えるラインもナイロン限定。
張りのないPEだとピンがラインを拾ってくれないし、フロロだと腰がありすぎちゃってトラブルが酷いわさらに飛ばないわでどうしようもない

加えて使うリグもある程度重くないとキャストできない。
ラインの出ていく抵抗よりウエイトがないと、途中でラインが引っかかったような感じになって失速しちゃうわけ。
気持ちよく投げたいなら7g以上、そうでなくても5g以上のルアーウエイトは必要。

そんなわけで、メリットも大きい反面そのデメリットも大きい「スピンキャストリール」だけど、使う人やシチュエーションによっては余りある活躍をしてくれるリールでもあります

ただこのリール、僕が思うにダイワやシマノあたりが真剣に詰めて構造設計すれば、かなりスゴイ物ができそうな気がする
素人の僕から見ても、もうちょっとこの辺がこうだったら・・・みたいなとこがいっぱいあるから、大手メーカーさんが本気で作れば、スピニング・ベイトに続く「第3のリール」というものができるような予感というか可能性を大いに秘めたリールだと思います。

是非とも大手メーカーさんに本気で作ってもらいたいという願いを込めて、本日はおひらきです。
おわり

素晴らしき「ふるさと納税」!Abuの revo LV7 を2000円でGET!

002
突然ですが、ベイトリール買いました。
しかも2000円で!!(マジデ!?

いや~皆さん、自他共に認める貧乏アングラーである僕がですよ、何の前触れもなく2万円を超えるリールをポンと買うなんておかしいと思ったでしょ?

そりゃ僕だって2万を超えるリールを買うとなれば、それこそ1ヶ月くらいは熟考に熟考を重ねて選ぶわけなんだけどね、今回ばかりは時間がなかった・・・というよりタイムリミットが迫りすぎてた(焦)
え?何のタイムリミットかって??
これですよこれ ↓
001

謎の「寄付金受領証」
しかも日付は年の瀬迫る「12月27日」。

勘のいい皆さんならもうお気づきかと思うけど、私、はじめて「ふるさと納税」ってやつをやってみました

この「ふるさと納税」っての、なんとなく聞いたことはあっても、所詮金持ちの節税的な何かだと思ってたから全く無関心だったわけ。多分そういう人って多いと思う。
ところがこの制度、よーく調べてみると僕みたいな貧乏サラリーマンでもかなりの節税効果・・・というか、かなり美味しく制度の恩恵を受けることができることが判明
しかもネットで全て完結するからラクなんてもんじゃない

まあ、この「ふるさと納税」ついては色々と他のサイトで詳しく紹介されているのでここでは書かないけど、かなり分かりやすく&ざっくり言うと ↓

・実質2000円で数万円のものを貰える
・寄付した金額は翌年の税金から引かれて戻ってくるイメージ
・所得が多ければ多いほどメリットあり
・数年前に制度が改正されて高所得者以外もメリット大に
・すべてネットで完結する
・寄付金はクレジットカードで決済できる
・確定申告すら必要なし

(注)かなり分かりやすく表現したものなので、詳しくは専門のサイト等でお調べください。

制度初期の頃は確定申告行かなきゃダメとか、支払いは金融機関の振込だけとか、色々とお役所的な面倒事が多かったみたいだけど、今やネットで全部完結するという手軽さ
まるでネットショッピングと全く同じ感覚

とはいえ、ふるさと納税なんてどうせ肉とか果物とかしか貰えないんでしょ?なんて思いながらパラパラと返礼品を見ていると ↓

000
釣り具まであるしwww
ってかなんで釣り具が特産品なんだよwww

その土地の「特産品」を、お礼の品として寄付者にお返しするのがふるさと納税だったと思うわけだけど、まさかのリールですよ(笑)

調べれば他にもテントとかマウンテンバイクとか、ちょっとふるさとチックでもなんでもないものがいっぱいあるから興味のある方は調べてみて
で、そんな昨今のふるさと納税でGETしたのがこちら ↓

005
Abuのベイトリール「LV7」
うはwwwかっこいいwww

この、実売20000円前後のリールが何と「2000円」!!
文字通りケタが一桁違う(笑)

ただ、このリールがダイワやシマノ製のなら腐るほどリールの情報が出てくるんだけど、なんせAbuとなるとその不人気さ故ほとんど情報が出てこない・・・。
そこで今回はこの「LV7」を皆さんにご紹介てみようと思います

そもそもなぜ僕がこのリールを選んだか?
まあ最初の方でも触れたとおり、選ぶ時間がなかった(←年末までに寄付申込みを済ませないと翌年の節税に反映されないため)のもあるけど、元々欲しかったベイトリールがこのLV7だったというのが大きい。

僕は大人の手とは思えないほど手がとても小さいので、とにかくパーミングしやすいリールってのが絶対条件になるわけ。
さらに、予算的には20000円前後、左巻き、ベイトフィネス的にも使える汎用性の高いリールってので探してたのね。で、候補に挙がったのが

・ ダイワ アルファス SV 105SHL
・ Abu revo LV7 もしくは revo LT7


この2つからベイトリールを選ぼうと思っていたんだけど、残念ながらふるさと納税の返礼品にアルファスとLT7はなかった・・・
ということで、もう1つの候補であるrevo LV7を選んだって寸法です
では早速そのスペックから見てみましょう!

003
【ベアリング数】
Abu独特の表記である「HRCPベアリング」が7つ。
このHRCPってのは、よく分からんけど防錆加工を施したステンレスベアのことらしい。
で、これが7つ入ってるんだけど、フルベアにするならあと4つ追加してあげないといけない。
追加場所は
① ノブのリール本体側に各1つずつ(計2個)
② ウォームシャフト両端に各1つずつ(計2個)

以上。これについては後述します

【ギア比】
7.1:1。
つまり、リール1回転で約70cm巻き取れるってこと。

いわゆるハイギアってやつだけど、この巻き取り量はスピニングでいうならちょうどシャロースプール2500番くらいの巻き取り量と同程度になるわけ。
これが普段スピニングメインで使っている人には感覚的に違和感がなく使えるので、特にベイトフィネス的な使い方をする場合は、イメージ通りに操作できるギア比でもあります。

【最大ドラグ力】
MAX 5.5kg。
これ、同程度のダイワ・シマノと比較してもかなりのドラグ力
もともとギア比の高いリールってのは、同時に巻きパワーが不足するというデメリットを持ち合わせているわけで、魚とのやりとりの中でのパワー不足分を、ドラグで吸収するという考え方は実に合理的。

だったらドラグ力は高ければ高いほどいいのでは?ってなるけど、ここをシマノやダイワがそうしないあたりを察するべし。
ドラグはスムーズに効いてなんぼ。
スムーズにドラグを効かせるためにはドラグ機構も単純である方が素直に効く → 単純なドラグ機構ではドラグ力を上げられない というあたりから、恐らくシマノ・ダイワあたりは3~4kgのドラグ力に落ち着いたんじゃないかと推測
まあ、バス相手なら3kgもあれば十分なんだけどね
ちなみにこのドラグ、「カーボンマトリックスドラグ」っていうらしい。

【リール重量】
166g。これは素直に超優秀

このクラスのリールで170gを割ってくるとは恐るべし。
ワンランク上のダイワ アルファス AIRあたりだって165gくらいだもんね。これを考えると非常に優秀と言わざるを得ない

ここまでがスペック表を見た感じでのファーストインプレッション。
ここからは、実機を手にとって細かく見てみましょう

005
まずもって最初の印象は「小さい」ってこと
実のところ僕は夜釣り&海釣りメインに移行したこともあって、十数年前に買ったTD-Zを最後にベイトリールを触ってなかった。
それから数年後にこんなリールを持つとですねぇ、
もう完全浦島状態ですわ
何もかもが小さくて軽いし、回転も気持ち悪いくらいスムーズ。
当時3~4万もしたあのTD-Zだって相当小さくて軽いってことだったけど比較にもならん(笑)

006
ハンドル側はこんな感じ。
特筆すべきはメカニカルブレーキのノブ。

これにAbuらしい赤い刻印がしてある・・・ってのはどうでもいいんだけど、これを回すと「カチカチカチッ」っていうクリック音が鳴るの
ちょうどスピニングのドラグ締める時みたいな感じ。
これが実に心地よい(笑)

ハンドル長はごく一般的な85mm。
これにダイワ・シマノより一回り大きなEVA素材のフラットノブが付いてる。
この大きさとEVAの触感は、好き嫌いの分かれるところでしょうな

スタードラグは可もなく不可もない、平凡ながらもオーソドックスな形状で、不意のドラグ調整も戸惑うことなく対応できそうな感じ

007
続いてはリール正面側。
こちらもオーソドックスな感じで特にこれといって真新しいところは無・・・いや、1つだけスゲーところがあった
それがここ!! ↓

008
こんなとこに格納式ルアーキーパーが付いてる
これはなんというか、かゆいところに手が届いているというか、普通こういうのって日本のメーカーこそ真っ先に付けるような付加アイテムだと思うんだけど、スウェーデンよろしくの「Abu」がこれですよ。
スウェーデン、恐るべし(笑)

009
お次はマグブレーキ側
いやーこうしてみてもらうとよく分かるけど、ボディーが小さいですな~

010
カバーを開けると何やら謎の丸形金属チップが??
実はこれ、全てマグネットなんです。しかも超強力なやつ
向かって左側の5つが1.5mm厚のマグネット、右側の5つが3mm厚のマグネットで、合計10個のマグネットがセットされています。
しかもこれ、10個全て脱着可能

012

011
これ以上近づけると磁力でくっつく(笑)
一度くっつくと、手で離せないほどマジで強力
これを初期セット通り10個入れたまま使ってもいいんだけど、例えばいくつか抜いてみたりして使えば、通常よりさらに細かくマグブレーキの設定ができるという素晴らしいアイデア

013
さらに続いてはスプール。
これがアルミではなくジュラルミンでできてます
ジュラルミンにすることで剛性が高くなることはもちろん、その剛性の高さからアルミよりさらに薄く、さらに軽量に作れるというメリットも
気になるその重さはというと・・・ ↓

014
あ、あれ?? たいして軽くない件(笑)
まあこれ、ベアリング込みの重量なんで、実際は10~11g前後かと思います
スプール径は「φ32mm」。
フィネス的な軽量ルアーはもちろん、やや重めのルアーまでストレス無く使うことができる汎用的なサイズですね

015
最後にリールフット側。
ここでの注目点はこれ一転


016
前後分離式のリールフット。
分離させることによって何ができるかといえばこれ ↓

017
この赤点線部がスプールエッジ。
リールフットを前後に分離することによって中央部に空間を確保し、それによりスプールをこの位置まで下げることができる
で、スプールを下げることができるとどうなるかというと ↓

018
ボディーの全高を下げることができるわけ。
ちなみにこのLV7の全高は38mm。

リールフットから38mmという高さだと、ホールドはこんな感じになる。↓

019
もうね、なんだかおもちゃ握ってる感覚
パーミングが快適だなんてレベルじゃないくらい素晴らしい
僕の求めていたのはまさにこの「パーミング」。
この点については理想をはるかに超える満足感でした。

まあ、この機構については他社も取り入れているので、LV7が抜きんでてスゴイということはないけど、ベイトリールであればパーミングの快適さは非常に重要かと思います。

さて、長くなってしまったけどラストにもう1つだけ。
ハンドルノブのベアリング追加についてです。

020

ハンドルノブ外側にはベアリングが入ってるんだけど、ボディー側がご覧の通りプラブッシュになってます。

023
ちなみにLV7のノブはかなり大きめ。
左がLV7のノブで、右がダイワのIシェイプノブだけど、見ての通りノブもベアリングも一回り大きい。
適合ベアリング規格は「850ZZ」。
外径8mm 内径5mm 厚さ2.5mmのベアリングになります

022
これをポン付けで替えてやればOK
ちなみにこのAbuというメーカー、以外と細かいところまで気を配っている。
写真の右側が元々付いてたプラブッシュなんだけど、ハンドルと接する側に金属ワッシャーを入れてあった。

これにより、ノブのガタを無くすことはもちろん、ハンドルと接する部分の接触抵抗をグンと減らすことができる
そんな細かな気配りがこんなところにも ↓

021
ノブの軸形状に注目。
ベアリングで受ける部分以外は軸を細くしてある。
これによってわずかではあっても軽量化を実現しているわけで、失礼ながらスウェーデンの方が考えるようなイメージとは正反対の気配りに驚愕
恐るべしスウェーデン(本日2度目)

その他、ベアリングについては「ウォームシャフト」へも追加可能なんだけど、これについては結構な分解作業が必要なんでまた後日ご紹介します

そんなわけで今回ご紹介したAbuのLV7。
Abuといえば、鉄くずのかたまりじゃないか?と思えるほど重いあの「アンバサダー」なんてリールを作ってたメーカーですよ??
それが今やこんな素晴らしいリールを作るメーカーになるだなんて、
10年前がに誰が想像しただろうか(笑)

まあ、スペック上では十分すぎるほどの満足感であることは間違いないリールだけど、本当の評価は実際使ってみてから
実戦レポは、春先にバス釣り行ってから改めてお伝えしますね
その実戦レポに先立って、小森プロによる「revo LV7」解説動画をご紹介しながら本日はおひらきです


おわり
プロフィール


メンバー紹介

淡水から海水まで、バスロッド1本であらゆるターゲットに挑む大阪のフィッシングチーム。

※当ブログはリンクフリーです







過去の記事
ブログ内検索
  • ライブドアブログ